copse good home good taste good design
  • オンラインショップ
  • facebook
  • Instagram
2019.11.08服飾

【入荷情報】fog linen workの服

リネンの生活道具で知られるfog linen workから洋服が入荷しました。imagefogの洋服は何年ぶり?というくらい久々ですが、
ヘリンボーンの素材に惚れたのがきっかけ。
リネン100%と思えない、ふっくらとした風合いは一枚で着こなすのはもちろん、
タートルなどと重ね着したりと長い期間活躍しそう。
ワンピも風合いよく素敵です。image
頑張りすぎず、でもしっかりオシャレに着こなせるデイリーウェア。
絶妙のバランス感覚が長く愛されるブランドの秘密なのでしょう。
さりげなく女性らしさが漂うブラウスもなんだか今の気分。146668362
年中活躍のリネンの服をワードローブにプラスしてくださいね。

fog linen workのOnline shopへ >>

2019.11.08pickup

【入荷情報】ANDADURAの財布

ANDADURAから欠品していた財布が入荷しました。
ANDADURAの山本さんによると人気のアイテムは店によって異なるらしく
copseではダントツ長財布ですね!IMG_1796私の経年変化した長財布をお見せしたり、
ストレスフリーの使い心地を熱く語ってしまうせいでもありますが。ADE76583-8C48-405D-AD0B-C80EFB2F21F4実は以前から気になっているのがコンパクト財布。IMG_1800ただしカードが2枚程度しか入らないので収納量が少なすぎる〜、
と思っていましたがこれからのキャッシュレスの時代にはもしかしたら
程よいのかも?と思ったり。IMG_1802時代の変化とともに財布の役割も変わるかもしれませんね。
いずれにしても、手にしたときのフィット感や
開けたり閉めたり、出したりしまったりの機能性、
毎日ヘビーに使ってもへこたれない耐久性など、
一度使っていただけるとその素晴らしさを実感いただけるはず。
ぜひ店頭で手にとって見てくださいね。

ANDADURAのOnline shopへ >>

2019.11.08木工

【入荷情報】icuraのカッティングボードとプレート

定番としてご紹介しているicuraさんから
カッティングボードやプレートが入荷しました。IMG_1808カッティングボードは一つひとつ微妙にサイズや風合いが異なるので、
主に店頭でご紹介していますが
パンやチーズに、サブまな板にとご愛用くださる方の多いアイテム。
使ってよかったからと、ギフトに選んでくださる方も多いです。IMG_1157サクラのプレートもフルサイズ揃っております。
木の器は軽くて丈夫で手入れも簡単。
素材感に富んだ器をプラスするだけで
食卓にメリハリが生まれ、いつもの料理を引き立てます。139924928_th詳細は下記のwebshopをご覧ください。
(カッティングボードをご希望の方はメールでご対応させていただきます)

icuraのOnline shopへ >>

2019.11.07exhibition

【12月の企画展】羊をめぐる冒険〜「粗清草堂」の羊服・羊品展
<12月6日(金)〜14日(土)>

12月は「粗清草堂(そせいそうどう」のウールフェルトの小物と洋服をご紹介します。
「粗清草堂」があるのは北海道北部、
旭川と稚内のほぼ中間に当たる美深という小さな町。
村上春樹の長編小説『羊をめぐる冒険』のモデルになったと言われている場所です。N0549N0518主宰する逸見吏佳さんは羊に魅せられ、導かれるようにして
17年前にこの小さな町に移り住みました。
そして美深の羊牧場で毎年刈り取られる羊の毛が大量に廃棄されるという現実を知り
「捨てられてしまう羊毛を生かしたい」と
かつて羊毛専門店に勤めた経験を生かしてワークショップや
ルームシューズの制作をはじめることに。N0619「せっかく作るなら個性豊かな羊の毛をそのまま
生かしたものづくりをしたい」と、フェルトにするのが特徴。工房内部N0876プロセスバッグやショールをはじめ、最近は洋服のバリエーションも増えましたが、
どれも羊毛を型紙の上に載せて、縮絨(摩擦)させるという
極めてシンプルな作り方で、縫製することなくコートまで仕上げます。
「捨てるものを生かしたいと始めたことだからできるだけゴミや無駄を出したくない。
縫製せず仕上げるのもゴミを出さないための工夫のひとつなんです」
画期的ともいえる方法でつくられる服や小物は軽くて温かく、何より個性的!
ただし、手に入る羊毛は食用のため雑種が多く毛質が安定せず
フェルト化しづらいという問題が。N0691純血種の羊毛を混ぜれば解決することがわかりましたが、そのほとんどが輸入品。
そこで2年前からフェルト化しやすいテクセル種という羊を飼いはじめ
まさに羊を育てるところから、作品に仕上げるまで関わります。N0721今回の展示では「粗清草堂」の羊服・羊品をご紹介するだけでなく
作品が生まれる美深の魅力もお伝えしたいと思い、
一年で3週間しか採取できないという白樺樹液をボトリングした「森の雫」や、
地元産の食材を生かしたヴィーガン菓子工房「一二三草堂」の焼き菓子も到着の予定。
また今年オープンしたばかりの美深白樺ブルワリーから
白樺樹液で醸造したクラフトビール 「Wild Sheep Chase(羊をめぐる冒険)」が
届くというスペシャルなおまけまでついています!N0999N044412月6日には逸見吏佳さんのお話会も予定していますので
ぜひ、楽しみにいらしてください。N0807「羊をめぐる冒険〜北海道美深「粗清草堂」の羊服・羊品」展
12月6日(金)〜14日(土)*会期中無休
逸見吏佳さん在店日:12/6、12/7
<イベント>
12月6日 18時〜 逸見吏佳さんのお話会「羊をめぐるものづくり」
参加費2000円(白樺ビール1杯つき)

2019.11.01pickup

【マンスリー講座】注連縄づくり
<12月15日(日)10時〜>

gureさんのマンスリー講座で
年々人気を集めているのが注連縄づくり。
毎年、趣向に富んだ注連縄をご提案くださっていますが
どんなデザインにするか、どう制作するかなど
数ヶ月も前から検討されています。
今年の注連縄は、じゃじゃ〜ん!「玉飾り」!IMG_1740中央部が〝あげまき結び〟と言われる
結び方になっているのが特徴で、
昔から調度品などに使用されるなど、
結びつきを象徴する縁起物のひとつ。注連縄りぼん結びのような、人型にも見える造形に
なんだか、いい出会いがありそうな予感♡
年末のお忙しい時期ではありますが、
来年もご縁に恵まれますように!という思いを込めて
ぜひご参加くださいませ。

<注連縄づくり>
12月15日(日)10時〜 14時〜 各定員6名
参加費 5400円(サイズ20×50㎝)
*制作時間は2時間半〜3時間。
床座になるのでパンツスタイルでご参加ください。

お申し込みはinfo@copse.bizまで、
お名前とお電話番号を添えてお願いいたします。

2019.11.01pickup

【入荷情報】樋山真弓さんの器

石川県能美市で作陶されている樋山真弓さんから、
お茶碗を中心にいくつか入荷しております。IMG_0129赤と染付でボタンを描いたお茶碗は
ご結婚のお祝いや、結婚記念にご両親にと
夫婦茶碗として贈るのも素敵。IMG_0119精緻な絵付けも樋山さんの得意技のひとつ。
びっしりと細かく描かれた絵柄に
卓越した技とセンスを垣間見ます。IMG_0127IMG_0094九谷の伝統に現代の感性で
モダンさを備えた樋山さんの器は、
シンプルな器にも馴染み華やぎを与えてくれます。
ぜひいつもの食卓にプラスしてみてくださいね。


樋山真弓さんのOnline shopへ >>

2019.11.01exhibition

【11月の企画展】FRANCESCA AMAM LABEL(服)+ RIRI TEXTILE(織)+ 77 NEEDLE WORKS(ニット帽)
<11月22日(金)〜30日(土)>

好きだった服を着てもテンション上がらなくなったり、
着こなしがしっくりこなかったり。
年齢を重ねると気持ちも身体も変化するもの。
だから今の自分にフィットする服に出会えると
新しい自分を発見したような気持ちになって嬉しくなります。
FRANCESCA AMAM LABELの服は私にとってまさにそんな存在でした。fla1シンプルでカジュアルなアイテム中心の
ワードローブに物足りなさを感じはじめたころ。
女性らしいエレガントさや、少し華やいだデザインに最初は少しためらいましたが
思い切って袖を通してみると、なんだかいい感じ!fla2ほどよく甘く、ほどよくクール。
さじ加減が絶妙で、一つプラスするだけで
装いの印象が大きく変化して久々におしゃれが楽しくなりました。
今回は自然の材料から染めて手機で織りあげる「RIRI TEXTILE」のテキスタイルとIMG_0962上質の毛糸で手編みする「77 NEEDLE WORKS」のニット帽とともにご紹介。IMG_0952お気に入りの美しいアイテムが未来の私をつくってくれる。
そんな思いを込めてタイトルを
「Pour un bel avenir (美しい未来のために)」としました。
ぜひ、新しい自分との出会いを楽しみにお越しください。
「Pour un bel avenir 」
11月22日〜30日*会期中無休
FRANCESCA AMAM LABEL(服)
RIRI TEXTILE(織)
77 NEEDLE WORKS(ニット帽)
<在店日>
FAL(米倉さん)/11月22日
RIRI(和泉さん)/11月22日、23日、30日

2019.11.01pickup

【入荷情報】仁城義勝さんの漆器

一年に一度、秋の深まりとともに届く
仁城さんの漆の器は、季節のお便りのような存在。
赤みを帯びた漆は、色づく木々の葉を思わせます。
日常使いに活躍するのはNo.5やNo.6のお椀。IMG_5158109477864No.34やNo.36の鉢ものは鍋料理の取り分け鉢に活躍します。126755539_o1136670241_o2
大小5つのお椀が入れ子になった応量器は
今回、蓋つきでお願いしました。
菓子鉢にお椀にと色々使えそうです。IMG_0227仁城さんの漆は使うほどに明るく木目が浮かび上がるのが特徴。
塗りてのシックな色合いもまた美しく
変化する様子を楽しみながらお使いください。

*入れ子椀はご予約をいただいた方にご連絡を差し上げております。
ご予約をしたけれど連絡がないという方はご一報くださいませ。


仁城義勝さんのOnline shopへ >>

2019.10.17exhibition

【11月の企画展】仁城義勝 漆展
<11月15日(金)〜19日(火)>

秋が深まる季節。
2年ぶりに仁城さんの漆展をさせていただきます。109477864分業で行われることの多い漆器づくりにおいて
材料を仕入れ、削って漆で仕上げるところまで
すべてを行う仁城さん。
さらに木の風合いを生かすため、漆は三回塗る程度に抑え
下地づくりも行わないのが特徴。
そのため使うほどに木目が浮かび上がり、
漆本来の輝きを放ちはじめます。
↓こちらの器は右側が塗りたて、左が10年以上使用のもの。IMG_0858
木の風合いを生かしたい、日常使いできる日々の漆をつくりたい、
仁城さんのものづくりへの思いを知っていただきたく
お話会を予定しております。
長年、同じものを同じようにつくり続け、
簡素ななかに美を宿す、漆の作品と同様、
仁城さんの強く静かな言葉には、いまを生きるヒントが
たくさん込められているように思います。104803844_o14日間の限られた会期ではありますが、
仁城さんと漆にお会いできるのを楽しみに、ぜひいらしてください。

「仁城義勝 漆展」
11月15日(金)〜19日(火)*会期中無休
仁城さん在店日→11/15、16、17
<イベント>
「仁城さんのお話会」
11月16日(土)17時半〜 参加費1000円

*お申し込みはinfo@copse.bizまで、
お名前とお電話番号を添えてお願いいたします。

2019.10.06pickup

【マンスリー講座】木の実のリースとオブジェ
<11月29日(金)10時〜>

ようやく秋らしくなってきましたね。
11月のマンスリー講座は木の実を使った飾り物です。
リース(直径約25センチ)か、IMG_1551ハンギングオブジェ(円周約20センチ)IMG_1552のいずれかをお選びいただきます。
材料は同じですが、仕立て方によって異なるアイテムに
仕上がるのが面白いですね。
クリスマスのオーナメントとしても活躍しそう。
リースかオブジェのいずれか、ご要望を添えてお申し込みください。

<グリュのマンスリー講座>
11月29日(金)10時〜
参加費 5400円(税別)

2019.10.04pickup

【ワークショップ】1日で完成!金継ぎ講座
<10月28日(月)>

新富町「さんのはち」の店主、森田美絵さんにご指導いただく金継ぎ講座は
次回10月28日(月)を予定しています。IMG_6073新うるしを使って1日で仕上げる簡易的な金継ぎです。
割れたり欠けたりした器が蘇る金継ぎ。
諦めていた器が復活して、
金継ぎが加わることで新たな魅力を放ちます。IMG_1515ただし、マグカップやポットのハンドル部分は修復しても
取れやすく難しいので向いていないようです。
耐熱の器は高温で使用するため金継ぎできないのでご注意を。
この簡易的な金継ぎは、口の部分の欠けやひび割れといった修理に
向いているように思います。
大きく割れたものも修理可能ですが、
一点に集中しないと一日で終わらないかもしれません。
いくつかお持ちいただいて森田さんとご相談しながら
進めていただけましたら幸いです。
皆様のご参加をお待ちしています。

日時/10月28日(月)11時〜 
講師/森田美絵(さんのはち)
参加費/5400円+ランチ800円(ご希望の方のみ)*いずれも税別
定員/6名キャンセル待ちのみ募集中
持ち物/欠けたり割れたりした器3〜6個、エプロン、筆記用具
(多めにお持ちいただいて当日ご相談いただくことでも結構です)

2019.09.11pickup

【10月のマンスリー講座】穀物の飾りもの
<10月25日(金)>

gureさんによる久々のマンスリー講座。
今回は、麦やあわ、ひえなどを組み合わせて作る
穀物の飾りものです。
長さ、なんと90㎝にも及ぶ大作!IMG_1303縦にも横にも飾っていただくことができます。
壁に飾るだけでフォーカルポイントが生まれて
森のなかを歩いているような爽やかな気分になれそう。
ご参加お待ちしています!IMG_1304
<穀物の飾りもの>
10月25日 10時〜
参加費 5400円+税 定員6名キャンセル待ちのみ受付中
お申し込みは店頭もしくはinfo@copse.bizにお願いいたします。

2019.09.09pickup

【入荷情報】SARAXJIJIの洋服

上質なデイリーウエアを提案するSARAXJIJIから
秋冬のアイテムが入荷しました。
今回楽しみにしていたのがロングコート!IMG_0588IMG_0595シンプルなシルエットが上品で、着心地も軽くて暖か。
襟元のデザインも美しく、パンツにスカートにも似合います。
そのほか、甘撚りのフレアワンピースや
ローゲージの3wayに着こなせるニットなど
デザインはもとより、どれも風合い抜群。
素材への飽くなき追求を続けるブランドらしいアイテムです。saraxjiji1IMG_0586saraxjijcatoストールカーディガン、リンクルリネンコートやスカートなど
たくさん入荷しています。
是非手にとってご覧いただきたいです。


SARAXJIJIのOnline shopへ >>

2019.09.09exhibition

【10月の企画展】集いの食卓
<10月18日(金)〜26日(土)>

夜が長くなり、食卓に集う時間が楽しくなる季節。9j5lg家族や仲間とテーブルを囲むひとときを
より楽しく豊かに盛り上げてくれる器や照明をご紹介します。

(ご来店とご購入のお願いを巻末に記載しています。)
今回、初めてのご紹介となる陶芸家の河合竜彦さんは、
端正な白磁が注目を集める若手作家さん。IMG_0701集いの食卓を優しい光でふわりと包み込むのがKUROMAME LIGHTの照明。IMG_0724アンティークのパーツを使った作品は、いずれも一点もので
アーティスティックな存在感があります。
光にきらめく沖澤康平さんのガラス、IMG_0710 2金属を思わせる力強さに洗練を加えた安福由美子さんの器など、IMG_0726こだわりのアイテムを楽しみにお出かけください。

「集いの食卓」
10月18日(金)〜26日(土)11時半〜17時半*会期中無休

<参加作家>
陶/河合竜彦、安福由美子
ガラス/沖澤康平
照明/KUROMAME LIGHT

*18日の初日は9時に記帳台をお出ししますので
ご都合の良い時間にお名前をご記入くださいませ。
(住宅地につき9時前に店頭に並ばれるのはお控えくださいませ)

*沖澤さんの作品は1アイテム2点まで、

安福さんの作品はおひとり5点までとさせていただきます。

<イベント>
10月19日(土)
クラスカフェのパン販売

2019.09.09exhibition

【10月の企画展】永遠のスタンダード〜SARAXJIJI + DANSKO
<10月4日(金)〜14日(月)>

SARAXJIJIの洋服に一度袖を通せば、誰もがその魅力に気づくはず。P1040608着心地を追求した素材選び、丁寧な縫製、時代を超えたデザインなど、
シンプルながらこだわりを尽くした洋服は、
永遠のスタンダードと呼ぶにふさわしい存在感を備えています。
まっすぐ縦に伸びるラインがSARAXJIJI独特のスタイル。IMG_1501控えめな佇まいの中に、そこはかと漂う美しさ。
年齢を重ねるほどにしっくりと馴染む上質感と品格がそこにはあります。
2年ぶりのご紹介となる本展は、メンズアイテムやユニセックスラインが充実。IMG_1471コットンリネンシャツは男女兼用。
白とブルーのそれぞれ4サイズ展開で、Sサイズの女性から
Lサイズの男性まで着こなせるようデザインされています。saraxjiji2IMG_1465さりげなく色違いでペアルックなんてコーディネートも楽しめます。
新作から定番まで、幅広いアイテムが一挙に揃う貴重な機会。IMG_1481IMG_1475
SARAXJIJIの服と相性抜群のDANSKOの靴とともにご紹介しますので、
是非楽しみにいらしてください。B0B29A73-1E62-4882-B8E2-046273B437E7

「永遠のスタンダード〜SARAXJIJI + DANSKO〜」
10月4日(金)〜14日(月・祝)*会期中無休
*野田ひろみさん在店日ーーー10月9日(水)
saraxjijidansko

2019.08.23exhibition

【イベント】Warp and Weft 2019 in 東京 石神井公園
<8月30日(金)〜9月1日(日)>

夏の終わりのお楽しみ!2019warp&weft_dm_ol今年もWarp and Weft(ワーペンウエフト)が開催されます。
コプスは8月30日〜9月1日、YAMMAのアトリエ(EKI)に出張してご対応させていただきます。
(実店舗はお休み。YAMMAでの開催は8月30日〜9月1日の3日間のみ)
ユニークなYAMMAのアトリエを訪れることのできる貴重な機会!
YAMMA2019ww_y3
calico2019ww_c10
それぞれの新作も揃いますのでお見逃しなく!

<Warp and Weft 2019 in 東京 石神井公園>
2016.8.30 (fri) _ 9.3 (tue)

時間 11:00-18:00
*開催日時・時間は各会場ごとに異なりますのでご注意下さい。

<トークイベント>
8.30 (fri) 19:00-20:45 (18:30開場)
トークナイト ¥1,000/1ドリンク付
会場 自然派ワイン食堂クラクラ
小林史恵・山崎ナナ「これからのクラフト」
〜インド・日本・アメリカ それぞれの都市と辺境から〜
要予約 info@knulp-a1.com TEL 03-3996-8533

□EKI by YAMMA
http://yamma.jp/
練馬区南田中4-24-13
TEL 03-6753-0336
8/30(fri) – 9/1(sun) 11:00-18:00
・YAMMAのお洋服の受注会&即売会
(受注後のお渡しはcopseになります)
・はらっぱ織物の展示販売
・copseの出張カフェ
・スノウドロップのかき氷屋さん(8/31のみ)

□knulpAA gallery
http://www.knulp-a1.com/knulpgg/
練馬区石神井町1-21-16
TEL 03-3996-8533
8/31(fri) – 9/4(tue) 11:00-18:00
・CALICOとMAKU TEXTILES インド手仕事布の夏服

石神井公園駅の人気2店も、昨年に引き続き、特別メニューで参加いたします。

□自然派ワイン食堂 クラクラ http://cra-cra.com/
練馬区石神井町2-9-15 101
TEL 03-6913-4641
8/30(fri) – 9/2(mon) (9/3 お店お休み)
ワーペンウエフト特別ランチ・インド定食

□たべものやITOHEN http://itohen.sub.jp/
練馬区石神井町2-13-5
TEL 03-5923-9842
8/30(fri) , 8/31(sat) (9/1, 9/2お店お休み)
ワーペンウエフト特別ランチ ・インド弁当 インド定食

2019.08.02pickup

【入荷情報】ふじわらのおいしい瓶づめ

今年は雨続きでしたが、ようやく夏本番。
一気に猛暑がやってきました。
夏の食卓に欠かせないのが、
あたらしい日常料理ふじわらの〝おいしい瓶づめ〟。IMG_9413最近、食欲のない時は、冷奴を
「パクチーレモンオイル」で食べるのがマイブーム。fujiアボガドを合わせて、冷えた白ワインと一緒にいただけば十分ご馳走です。
途中で気分を変えたい時は、「にんにくえび塩」をプラスすると
ナッツたっぷりの食感が楽しくて、さらに食欲増進。
この二種の瓶づめで、豆腐半丁はペロリです。
もちろん、「カレーのもと」も大活躍。IMG_9443生姜たっぷりで甘さと辛さのバランスが絶妙。
口にするたびに美味しさを実感する
この味わいをぜひお試しいただきたいです。
辛いもの好きの方は、「おいしい唐辛子」もお忘れなく。


あたらしい日常料理ふじわらのOnline shopへ >>

2019.08.02pickup

【入荷情報】Glück und Guteの靴下

国内の工場で素材やはき心地にこだわり
オリジナルのものづくりを追求するGlück und Guteから
靴下が入荷しました。
Glück und Gute靴下は内側がシルク、
外側がコットンの二重構造になっているのが特徴。image「足の肌着」のネーミングの通り、起毛したシルク生地が
足裏の汗や老廃物を吸収してくれるから常にさらりと心地よく
汗ばむ季節も快適に過ごせます。
今回は新色も多数登場して、コーディネートのアクセントに
楽しめる色もたくさんです。IMG_0508
夏は一枚で、冬は重ねばきの一枚目として
年間を通じてご愛用いただけます。
シューズインで履けるフットカバーも入荷していますので、
合わせてご検討ください。130088073_o1


Glück und GuteのOnline shopへ >>

2019.08.01pickup

【入荷情報】渡邊由紀さんの器

シンプルにして、静けさに潜む存在感。IMG_0379渡邊由紀さんの器は独自に生み出す釉薬により
幅広い色合いを実現されています。
マットな栗色や骨董を思わせるグレー(生成)、
表情豊かな〝錆緑〟など、どれもニュアンスのある色合いが魅力です。IMG_0522夏らしい色といえば、何と言っても
透明感のあるサンフランシスコブルー(SFB)でしょう。IMG_0396料理好きの渡邊さんらしく、いつもの料理を新鮮に映し出したり
器に合わせて新しい料理にチャレンジしたくなるような
日々、活躍してくれること間違いなしの心強い存在。IMG_0607人気の寸胴型のマグも入荷しています。IMG_0534同じ色でも繊細に異なる色合いをお伝えするのが難しく
ぜひ手にとってご覧いただけましたら幸いです。


渡邊由紀さんのOnline shopへ >>

2019.07.26pickup

【入荷情報】うちだ農場の米ぬか石鹸

長野県東御市で無農薬でお米や野菜をつくる
「うちだ農場」から米ぬか石鹸が届きました。IMG_0347贈り物に、普段使いにとご愛用くださっている方も多いアイテム。
無農薬の米ぬかは保湿効果も高く、ツルツルの洗い心地も抜群です。
ほのかなラベンダーの香りも程よく使うたび、癒されます。
汗ばむ季節の必需品。ぜひご愛用ください!


うちだ農場のOnline shopへ >>

  • 営業日のご案内
  • copseへの行き方
  • 作家と取り扱い商品
category
archives
RSS
  • 営業日のご案内