copse good home good taste good design
  • オンラインショップ
  • facebook
  • Instagram
2018.01.06pickup

【ワークショップ】はるさんの味噌づくり講座
<2月19日(月)11時〜/13時〜>

石神井町でマクロビ料理教室と月一回のカフェをされている中田はるさん→⚫︎
ご指導いただき、今年も味噌講座を開催いたします。
copseオープンから毎年恒例行事のように開催している味噌づくり。
満席になる時間が回を重ねるほど早くなっている気がします。
実は自家製味噌は思いのほか簡単!
茹でた大豆を潰して麹や塩と混ぜて仕込むだけ。材料もプロセスもいたってシンプルです。
でも、一人で家で仕込むとなると、なんとなく気が重くなるのはどうしてでしょうね。
しかもはるさんが揃えてくださるのは、とびきりの材料ばかり。
国産の無農薬有機大豆をベースに、日本で唯一天然麹菌を扱う
福井県のマルカワ味噌の国産有機大麦麹、塩はベトナム産の天日塩カンホアなど。
同じ材料を使っても仕込む人や場所にあわせて、少しずつ味わいを変えるというから不思議!
麦麹を使った味噌は、米麹より発酵がゆっくりなので1年ほど寝かせて
体にじんわりやさしく、甘みのある味わいに仕上がるのが特徴です。
一年で一番冷え込む季節に仕込み、じわじわと暖かかくなるにつれゆっくり発酵が始まり、
夏を経て、再び寒い季節を迎え発酵が落ち着くまで、一年を通すことで味わいも凝縮。
そんな自然の摂理に合わせた寒仕込みをぜひ楽しんでくださいね。IMG_6966

「はるさんの味噌づくり講座」
2月19日(月)11時〜/13時〜 各6名

参加費 3000円+tax(味噌2kg分)
持ち物/エプロン、三角巾、手拭き、2kg分の味噌を仕込む保存容器
*メルマガの日程に間違いがありご迷惑をおかけしております。
ただしくは2月19日(月)です。

*お申し込みはinfo@copse.bizもしくは店頭にお申し込みください。
前日以降のキャンセルは受け付けておりません。止むを得ずキャンセルされる場合は
後日、仕込んだ味噌2kg分と参加費をお引き換えくださいませ。

2018.01.06pickup

【ワークショップ】上野真由さんのメディカルアロマ講座
<1月31日(水)10時〜>

年が明けて日毎に陽射しが春めく頃ですが、まだまだ寒さはこれからが本番。
風邪やインフルエンザの流行もこれからですね。
気をつけてもなかなか油断ならない相手ではありますが、できるものなら
予防してこの季節を乗り越えたいものです。o0480048013689753461
今回講座をしていただく上野真由さんは、風邪や花粉をはじめ、美顔、シミケアなど
アロマを使った幅広いレシピをお持ち。
そもそもアロマは植物から抽出したオイルで、ヨーロッパでは医薬品と同じように
扱われているほど。化粧品や薬といった垣根を越えた癒す力が
アロマにはあるということでしょう。
市販の薬に頼りたくない、自然由来の素材で日頃からケアしたいという方にぴったり。
去年、花粉用ジェルとかゆみ用クリームを使わせていただきましたが、
ずいぶん楽に乗り切ることができました。
ということで、ぜひcopseでもご紹介をできればと今回は
花粉用、風邪用と2つのコースをご用意いただきました。
どちらか選べない!両方欲しい〜!という方はお申し込み時にご相談ください。
1月31日(水)10時〜「上野真由さんのメディカルアロマワークショップ」
アロマの効果を最大限に活用して薬に頼らない生活を目指す上野さんご指導のもと
ジェルとクリームをつくります。
*花粉対策用ノーズケアジェルと目のかゆみ用クリーム ¥4000+tax
*風邪対策用ジェルとラベンダークリーム ¥4500+tax

お申し込みはinfo@copse.bizもしくはお電話にておねがいします。
(メールでのお申し込みは「お名前」と「携帯の連絡先」を添えてくださいませ)

2018.01.05exhibition

【2018年企画展】年間スケジュール

あけましておめでとうございます!
いよいよ2018年がはじまりましたね。
さっそくですが、この1年の企画展スケジュールをご紹介させていただきます。
おなじみの作家さんもいれば、はじめましての方もちらほら。
毎年、まだまだ知らない作家さんがたくさんいるのだとつくづく。
すばらしいものづくりをされている方に少しずつ加わっていただきながら、
今年もよりパワーアップしていきたいと思います。
いつも秋にご紹介させていただいているSARAXJIJIさんは今年は
スケジュールの調整が難しく、次回2019年始めの開催を予定しています。
SARAXJIJIファンのみなさま、ご了承くださいませ。

コプス8年目の年、末広がりな一年になりますよう、
どうかこの一年もよろしくお願いいたします!
*内容や会期につきましては変更の可能性がありますので
直前にブログなどでご確認くださいませ。

2018copse_schedule

2017.12.31exhibition

【2月の展示】素の力〜荒賀文成 稲吉善吉 安福由美子 三人陶展
<2月22日(木)〜3月3日(土)>

2月は気鋭の作陶家による三人展を行います。
朝鮮粉引を現代の感性でものづくりをする京都の荒賀文成さんaraga土味のする器をつくる稲吉さんは、今回の展示に合わせて原土から作った新作を、ina
安福さんは金属を思わせる独自の作品が魅力。yasufuku1
陶の作品は作る人の数だけ表現の方法がありますが、
シンプルななかに独自の作風を極めた3人の作品を表現をご紹介したいと
今回展示を〝素の力〟と題しました。
陶芸のものづくりの奥深さを実感していただける展示になるかと思います。
どうかお楽しみにいらしてください。

「素の力〜荒賀文成 稲吉善吉 安福由美子 三人陶展」
2月22日(木)~3月3日(土)*会期中無休

2017.12.25exhibition

【1月の展示】進化する色彩〜tamaki niime展
<1月25日(木)〜2月3日(土)>

今年最初の企画展は恒例のtamaki niimeからスタートです。
兵庫・西脇で地元に伝わる西脇織の古い織機を使い、オリジナルのテキスタイルから手がけるブランド。
ストールから始まったものづくりは今や、パンツやスカート、ニットと次々に広がり
年々パワーアップ!
先日、工房兼ショップにうかがいましたが織り機も増え、縫製スペースも広がっている様子。
訪れたのは日曜でしたが、お仕事をしている人もちらほら。IMG_2430IMG_2431IMG_2442IMG_2439tamaki niimeのアイテムは、大胆かつユニークな色合わせが大きな魅力です。
しかも5mごとに横糸を変えながら織るので、ショールも同じ色あわせは数点、
洋服にいたっては一点ものというからおどろきです。まさに唯一無二の存在。
今年は定番のタルンパンツのデザインを進化させたchatonスカートが登場。
ウェーブした丈が特徴でどこを前にして着るかは自由自在!tamaki3カットソーも新しいデザインが登場していました。tamaki2去年登場したbooパンツも一度挑戦してみたいデザインです。tamaki4選びきれないほどの膨大なアイテムのなかから
これは!という選りすぐりを集めましたので、ぜひ楽しみにお越しください。

<進化する色彩〜tamaki niime>
2018年1月25日(木)〜2月3日(土)*会期中無休

1月31日(水)10時〜
「上野真由さんのメディカルアロマワークショップ」
アロマの効果を最大限に活用して薬に頼らない生活を目指す上野さんご指導のもと
ジェルとクリームをつくります。
*花粉対策用ノーズケアジェルと目のかゆみ用クリーム ¥4000+tax
*風邪対策用ジェルとラベンダークリーム ¥4500+tax

2017.12.18exhibition

【御礼】冬のおくりもの展

冬のおくりもの展、無事に会期終了しました。
夕暮れが早くなって、澄んだ空気に照明のあかりが輝く季節。copse12
ニット帽やバッグ、アクセサリー、ドライフラワーやしめ縄など
どれも一年の終わりにふさわしいシンプルで美しい品々でした。IMG_0976IMG_2220IMG_2210IMG_2248ardem
お越しいただきましたみなさまには、改めて御礼申し上げます。
会期中は、麦わらのオーナメントを飾るユーカリツリーも登場して盛り上げてみたり。IMG_2271しめ縄づくり、今年も盛り上がっていました。
参加してくださる方の終わったあとの清々しい表情がいつも印象的です。IMG_2396一年の終わりがいよいよ近づいてきました。
終わってしまえばあっという間でしたが、新たな挑戦もあったりで
今年の企画展が予定通り無事に終えらえ、正直ほっとしています。
私は企画をするだけで、何をつくるわけでもないのですが
それでも楽しんでいただける内容になるか、つくり手の方とイメージを共有できるか、
果たしてお客さんは来てくれるか?などいつもドキドキハラハラです。IMG_1128駆け抜けた一年、おかげさまで充実の年となりました。
本当にありがとうございました。
まだ営業は続きますが、企画展終了のご挨拶に代えて一年の御礼を申し上げます。

2017.12.02pickup

【入荷情報】YAMMAの洋服

YAMMAから洋服入荷しております。
会津木綿は福島・会津地方で昔から普段着に愛用されてきた素材。
厳しい気候から生まれた素材は、湿度の多い夏はさらりと涼しく、冷たい風の吹く冬はあたたかく、
年間を通して着こなせる優れものです。
今回、ひじり縞が初お目見え。
さわやかな色合わせですが、透明感のある色合いが冬も素敵に映えます。IMG_0047ダークトーンの黒かつお縞は、冬の装いにシックに映えそう。IMG_0015細縞のピンストライプの黒も大人っぽく着こなせるアイテムです。IMG_0044同じく会津木綿の黒緑は深みのある色合いが魅力。軽快なキュロットも落ち着いた雰囲気に見えます。IMG_0010このほか今回はポプリンパンツが充実。
6色が揃っていますが、グレートーンの色合いがどれも素敵!IMG_21452枚、3枚と買い足すリピーターの方が多いのも納得です。
オンラインショップに後ほどアップしますのでチェックしてみてくださいね。


YAMMAのOnline shopへ >>

2017.12.02pickup

【入荷情報】icuraの木工品

定番として店頭でいつもご紹介していますicuraの木工品が追加で入荷しました。
ひとつひとつ手彫りして、カトラリーや器など日常の道具をつくるicuraの木工。
素材を生かした風合いのよさが楽しめ、しかもお手頃価格もうれしいところ。
スプーンだけでもディナー用、スープ、デザート、ジャム用といろいろ。IMG_2103コースターは4種類。一枚800円でプチギフトに人気です。IMG_2090ディナー用にワンプレートに活躍する直径26㎝のプレートは
手彫りのあとが残る「ほりほり」と、プレーンな「つるつる」の2種。IMG_2102ワンプレートに盛り付けたり、プレイスマットのように使っても素敵です。
木目によって一枚ごとに雰囲気が異なるのでwebshopにはアップしていませんが、
気になるアイテムがありましたらご連絡くださいね。

2017.11.30pickup

【入荷情報】SARAXJIJIの「Ratta Pullover」

SARAXJIJIからウールのプルオーバー「Ratta Pullover」が入荷しました。IMG_1955国内で紡績された、シャリ感のあるウール100%の細番手の単糸を、
緩めのハイゲージで編み上げ、さらりとした風合いに仕上げています。
これがウール!?と思うほど、チクチクすることなく、肌に直接着こなせる気持ち良さです。
かつて西麻布でお店をされ熊本に移られた「さかむら」さんとのコラボアイテムで、
花人としても活躍の彼のセンスと、着心地の良い素材感を追求するSARAXJIJIの
こだわりが詰まっています。
サイズはユニセックス。
たとえば1サイズは身長172㎝の夫にジャストサイズ。IMG_0006
身長156㎝の私は0サイズが私にはぴったりですが、1サイズは袖をくるくる巻けば着こなせます
サイズによって着丈が異なるのですこし大きめを着るのもおすすめ。
0サイズと1サイズを比較すると丈の長さが違うのがお分かりいただけますでしょうか?saraxjiji1衿のカッティングもきれいです。IMG_0026男女兼用で着られるのが何より魅力!
今年のクリスマスプレゼントは
このプルーオーバーにしようかなと思案中です。



SARAXJIJIのOnline shopへ >>

2017.11.30pickup

【入荷情報】あひろ屋の手ぬぐい

あひろ屋さんから久々に手ぬぐいが入荷しました。IMG_1985夏のアイテムとしてイメージしがちな手ぬぐいですが、
年中キッチンで活躍の必需品。
お茶碗を拭いたりはもちろん、お弁当を包んだり、料理のときに頭に巻いたり、、、
欠かせない存在です。
あひろ屋は野口由さんが2001年にスタートさせたブランド。
綿100%の細番手の生地を使用して手にやわらかく、とっても丈夫。
伝統的な注染という技法で染め上げています。
なんといっても、新しい感性でデザインした伝統のモチーフが素敵。
人気の「鉄瓶」は10年以上も前からの定番。IMG_1979「笠松」は年末年始の贈り物にぴったり。IMG_1981私はホームパーティなどにお酒を持参するときのラッピングとして重宝しています。
手ぬぐいで巻くだけでお手ごろワインがランクアップして、素敵なプチギフトに変身。IMG_1978ワインは飲めばおしまいですが、手ぬぐいは邪魔にならずずっと使ってもらえるのもいいところ。
ご参考までこちらに巻き方をご紹介しますね。
まず手ぬぐいを横にしてボトルを置きます。IMG_1965手ぬぐいを折り曲げたときに、ボトルが半分隠れるくらいの位置に置くのがポイント。IMG_1973片側からくるくる巻いてIMG_1974上部の余った部分をねじります。IMG_1976ボトルの口に巻きつけて結べばできあがり!IMG_1977
色あわせやモチーフも豊富なので、ぜひ悩みながら選んでくださいね。

2017.11.25pickup

【入荷情報】みやしたゆみの紙もの

イラストレーターのみやしたゆみさんから2018年カレンダーや
グリーティングカードが入荷しました。IMG_1943スケッチのようなやわらかなタッチがみやしたさんの持ち味。
カレンダーは2ヶ月ごと6枚つづり(650円)、
バースデイカードや贈り物に添えたいカードなども。IMG_1944A3サイズの包装紙も、壁に飾りたいほどアーティスティックです。IMG_1945これから迎えるおくりものの季節に、ぜひご利用くださいね。

2017.11.22exhibition

【お知らせ】7周年演奏会の御礼

先日11月19日にcopse7周年記念として木太聡さんに演奏会をしていただきました。IMG_0749実は木太さんの演奏会にうかがったことはなく、生で聴くのははじめて!IMG_0752当日は電子ピアノのほか、小さなフランス製のトイピアノや、
コンサルティーのというアイルランドの小さなアコーディオンをお持ちくださり
さまざまな音に浸るひとときを過ごしました。IMG_1923なかでもトイピアノの音色にはびっくり。
フランス製というアップライト型の小さなピアノですが
聞いたことのない軽やかで澄んだ音色に一瞬にして釘付けになりました。
「小さいからこそ音の表現は無限」と木太さんがいうように、
小さなピアノを両手で巧みに演奏したり、豊かな音を聴かせてくださいました。
7周年のお祝いを込めて、明るく伸びやかな曲を選んだくださったという木太さんですが
演奏中はただ黙々と。
言葉を発してしますと、せっかく浸っている想像の世界を壊してしまうことになるから、と木太さん。
そこには音楽をわかろうとするのではなく、感じて欲しいという思いがあります。
必要に応じてつけたり消したりする明かりも演奏を盛り上げて、
おかげで夢を見ているような幻想的なひとときでした。IMG_0753今回の演奏は、木太さんがたまたまcopseを知ってくださったのがきかっけ。
木太さんからお声がけをいただいたのはほんのひと月前のことでしたが、
ちょうど7周年のイベントを思案していた時期と、木太さんが東京に来られる予定が
ぴったり重なって、こんな偶然もあるんだ〜と思うほどのタイミングでした。
そんなありがたい出逢いに恵まれて、ほそぼそとcopseも7周年。
来月には8年目に突入しますが、ますます末広がりな一年となりそうです!
先日はcopseとひとつき違いでお誕生日を迎えるKくんからお祝いをいただきました。IMG_2089オープン当初はまだお腹のなかにいたKくんも、もうすぐ7歳、小学1年生です。
copseもまだまだ1年生ということで、どうかこれからもよろしくお願いいたします。

2017.11.22exhibition

【おくりもの展WS】巻きバラのブローチ
<12月18日(月)10時〜/13時〜>

今回の「おくりもの展」には、コプス初参加の
染め花horryの矢野仁代さんがブローチのワークショップをしてくださいます。
染め花とは、生地を顔料で染め、コテなどで花びらや葉のフォルムをつくるもの。IMG_9192最近人気の手芸ですが、生地を染める色あいによって雰囲気はさまざま。IMG_9193
矢野さんがつくる染め花はニュアンスのある色あいが特徴で
アンティークにも調和する奥行きのある色が、普段の洋服やバッグにも
派手になることなく調和します。IMG_9190いつもは名古屋のシンボル名古屋タワー近くのアトリエで教室をメインにされていますが
今回はわざわざ、copseにご出張くださりご指導してくれます! 
染めた生地をご用意くださいますので、当日は成形していく作業が中心。
巻きバラは赤、青、黄の3色。それぞれ大小をセットでつくります。IMG_9253オリジナルの染め花にぜひ挑戦してみてくださいね!
*会期後の開催になりますが展示はそのまま見ていただけます。

<巻きバラのブローチづくり>
12月18日(月)10時〜/13時〜 各6名
参加費4500円+tax
講師:染め花horry(矢野仁代)
*お申し込みの際に、ご希望の色をお知らせください。
*材料の準備の都合上12月10日以降のキャンセルはお受けできません。
やむなくキャンセルされる場合は、矢野さんが制作くださった作品をご配送いたします。

2017.11.22exhibition

【おくりもの展WS】しめなわづくり
<12月15日(金)10時〜>

朝晩は冷え込み吐く息が白くなりました。
秋から冬に、季節は確実に移ろっていますね。
今年も残すところわずかとなりました。IMG_1942恒例のしめなわづくり、今年もあります。
今年は〝眼鏡型〟です。
しめなわに眼鏡!?とは、意外な組み合わせですが、
遠くまで見通しがよくなると昔から縁起のよいかたちなのだそう。
なるほど、両サイドに二つ大きな丸がついたかたちがユニーク!
大きな瞳で楽しいことがたくさん眺められそうな気もします。
組み合わるヒカゲノカズラは
切り取っても長く緑色を保つことから、古くから 清浄な植物とされ、
現代でも、正月の床飾りやめでたい料理の飾りとして、
縁起物の植物と崇められているそうです。
縁起のよいしめ縄でよい年が迎えられそうですね。
ご購入希望の方のご注文も承り中です。

<しめなわづくり>
12月15日(金)10時〜(約1.5〜2時間の予定)
参加費3500円+tax 
講師:ドライフラワーgrue(内藤千鶴)
*床座になって作業を行いますので座りやすい服装でお越しください。

2017.11.05pickup

【入荷情報】稲吉善光さんの器

笠間の稲吉さんからどど〜んと入荷しております。IMG_0596 (1)人気の鉄釉の作品を中心に、墨手の作品もいい感じに上がっております。

どれも、秋が深まるこの季節にぴったりのおでんや煮物が似合う作品ばかり。

webshopにもアップしておりますので、詳細をご覧くださいませ。


稲吉善光さんのOnline shopへ >>

2017.11.02exhibition

【12月の展示】冬のおくりもの
<12月7日(木)〜16日(土)>

いよいよ今年も残すところわずか、最後の展示となりました。2017f12恒例の「冬のおくりもの」展、今年はあらたにご紹介させていただく方も多く
さらにパワーアップして楽しんでいただけそうです。
ご参加の方を順にご紹介!harrys1「HARRYS」
土屋琴さんが手がけるガラスブランド。アクセサリーやガラスペンを制作されています。
ガラスの持つ透明感、きらめきを最大限生かしたアクセサリーは、シンプルを極めたデザインに
はっとさせられるほどの美しさを秘めて、大人の女性をエレガントに彩ります。
普段アクセサリーをしない人にもしっくりなじむ、控えめなきらめきが魅力。
今年のクリスマスにおすすめです。バッグ「ardem su o」
昨年もご参加いただいたバッグブランド。
皮革、籐、ファブリックと幅広い素材を自在に操りながら、
オリジナリティあふれるバッグを作られています。
ニットやフラノ生地と籐を合わせたり、冬は一段と独創的。今年も楽しみです!77「77 NEEDLE WORKS」
デザイナーとしても活躍の池田久美子さんが良質の毛糸を使ってすべて手編みされています。
シンプルで上質な大人にも似合うニット帽はあたたかな冬の定番。
帽子は意外と目立つアイテムなので、毎日でもかぶりたいニット帽があれば冬も怖いものなし!ブローチ「染め花Horry」
矢野仁代さんのつくる染め花のブローチは、自然の表情を閉じ込めたような美しさ。
一瞬の表情を写した草花に、切なさが漂うところも魅力です。
名古屋からわざわざ出張してcopseでWSをしてくださいますので、こちらもぜひ!グリュ「ドライフラワーグリュ」
写真は麦わら細工のオーナメント。
懐かしくも洗練されていてとてもステキですね。
クリスマスリースやしめ縄もそろう予定。
人気のしめなわ講座を今年も開催してくださいますので、こちらもお楽しみに!
<冬のおくりもの>
12月7日(木)〜12月16日(土)*会期中無休
ardem su o(バッグ) 
77neddleworks(ニット帽)
HARRYS(ガラスアクセサリー)
染め花horry(布花ブローチ) 
ドライフラワーgrue(オーナメント、リース、しめなわ)
<ワークショップ>
12月15日(金)10時〜
「しめなわづくり」参加費3500円 講師:ドライフラワーgrue(内藤千鶴)
メガネ型のしめ縄をつくります。見通しが良くなると縁起物のひとつです→⚫︎
12月18日(月)10時〜/13時〜 「巻きバラのブローチづくり」参加費4500円 
講師:染め花horry(矢野仁代)
染め花のブローチをつくります。大小セットで、3色のなかからお選びいただきます→⚫︎

2017.10.21pickup

【11月のマンスリー講座】ヒンメリと麦わら細工
<11月24日(金)10時〜>

クリスマスも近づく11月末。
ドライフラワーgrueのマンスリー講座はヒンメリと麦わら細工です。
最近、マンスリー講座でも人気のヒンメリ。
ひと足早くクリスマス気分を楽しむインテリアアイテムとして、
ツリーのオーナメントとして活躍しそうです。
楽しみにご参加くださいね。IMG_1477

<ヒンメリと麦わら細工>
11月24日(金)10時〜 参加費4200円+tax
キャンセル待ちのみ受付中。

2017.10.21event

【7周年イベント】木太聡 演奏会
<11月19日(日)14時半〜>

11月はcopseが周年を迎える記念すべきタイミング。
今年はどんな風に迎えようかと思案していたときに
鍵盤奏者の木太聡(きた・あきら)さんにご縁をいただき
お祝いを兼ねて、小さな演奏会を開くことになりました!コンサティーナ 新 無illustration Atsuko Ishida Ⓒ
木太さんはピアノをはじめトイピアノ、アイルランドのアコーディオンに似た
古楽器コンサティーナといったシンプルな楽器にこだわり、
懐かしくも洗練を極めた旋律とともに、心に染み入る音を奏でます。
最近はminä perhonen にも楽曲提供をされるなど注目の存在。
minä perhonen 2015→ Spring / Summer 「ふく風」 – YouTube ↓

小さな店内ではありますが、贅沢な時間をぜひご一緒できましたら幸いです。

<7周年イベント 木太聡 演奏会>
11月19日(日)14時開場 14時半開演
参加費/2500円(小学生 1000円)いずれも税別
*未就学児のご参加はできればお控えいただけましたら幸いです。
*演奏時間は約1時間半

木太聡さんプロフィール
  雨と休日にて「或る少年」他、CDリリース 
  NHK「日曜美術館」、minä perhonen 2015S/S等、楽曲提供
  ワタリウム美術館等、現代アートとして美術界でも演奏活動

2017.10.17exhibition

【イベント】仁城さんのお話し会@小料理 石井
<11月10日(金)19時〜>

仁城さんの個展に合わせて、大泉学園駅徒歩3分の「小料理 石井」で
お話し会を開催をしていただくことになりました。ishii
ついでに、DMの撮影の料理も石井さんにお願いした次第。
いつもに増して、器が格調高く美しく見えますね!ishii「小料理 石井」はオープン2年目。築地 田むらをはじめ、都内の割烹や料亭で修行を
積まれた石井公平さんが料理長をされています。IMG_1392石井さんは地元、大泉のご出身。
大泉高校を卒業されたあと、料理人を目指し調理師学校を経て築地の料亭に就職されます。
修行中に、区民農園で野菜づくりをされたのをきっかけに
周辺にたくさん農家があることを知り、農家の方とも出会った豊かな食材が手に入るこの土地で
いつか店をはじめようという思いを固められたのだそう。
料理に使う野菜や卵は、すべて地元の農家の獲れたて!
そして、もうひとつこだわられているのがかつおぶし!IMG_1386
店内には大きな電動のかつおぶし削り機があり、削りたてのふわふわのかつおぶしをそのままいただいたり
おいしい出汁をつくったりと大切に使われています。IMG_1404こちらはランチ。1500円でこの豪華さ!
みずから築地に出向いて仕入れているというお魚も、脂のノリがちょっと違います。今回は仁城さんの器を使って、特別メニューをご用意くださる予定。IMG_1407
こぢんまりとしたお店でアットホームな会になりそう。
仁城さんのお話しはもちろんですが、お料理も楽しみにぜひご参加ください!

<仁城義勝さんのお話し会@小料理 石井>
11月10日(金)19時〜 参加費5500円+tax(飲み物は各自別途) 定員8名
仁城さんのお話しをうかがいながら、仁城さんの漆器とともに
本格和食をお楽しみいただきます。

2017.10.17exhibition

【11月の企画展】仁城義勝 漆展
<11月9日(木)〜18日(土)>

木々が色合いを深める11月、仁城義勝さんの個展をさせていただきます。104799603
毎日使うほどに増す木目の美しさ。手になじむあたたかな造形、、、。
仁城さんの器の魅力はひとことで表しきれない魅力を備えています。
一般的にイメージする漆の器に比べると華やかさに欠くのかもしれません。でもそれが持ち味。108657434_o2
産地ものと呼ばれる漆器は、木を挽く木地師と、漆を塗る塗師をはじめ下地師などが
分業して行うのが通常です。
一方仁城さんは、丸太で木を仕入れ、乾燥させるところから、できるだけ無駄をつくらないよう
型取りして、木を挽き、漆を塗るところまで、すべて手がけています。
しかも漆を塗るのは3回程度。漆は木を守る程度、最小限でいいというお考えからです。
木目が透けて見える独特のテクスチュアは、使うほどに光沢を増す風合いとともに
力強い存在感を放ちます。109479293_o3「だから僕の器は漆ではなく、木の器」と仁城さん。
そこには、木が育ってきた年月以上に長く大切に使えってもらえるものにしたい、
日常の生活を支える簡素な器でありたいという思いがあります。
塗り直しや修理にも対応されているから安心。
個展では定番のお椀やプレートだけでなく、大小のお盆や重箱の数々が揃い、
仁城さんのお仕事の全容を見ていただける機会となります。ishii今回は、おいしい出汁と地元産の野菜で本格和食をつくるご近所の「小料理 石井」
ご協力いただき撮影させていただきました。
光沢感のある漆が料理をいっそう引き立てて、美しく見せてくれます。
会期中の11月10日(金)は、仁城さんを囲んで「小料理 石井」でお話し会も予定しています。
仁城さんの器と本格和食の、スペシャルな一夜になります。
日々木と向き合われている仁城さんは、自然への畏怖の念を深く抱かれ、
お話をうかがうだけで気づかされることが多く、心が洗われます。
仁城さんの工房探訪記&インタビューはこちら→⚫︎
仁城さんは3日間、在店くださいますので、ぜひこの機会に
お会いいただけるとうれしいです。

<仁城義勝 漆展>
11月9日(木)〜11月18日(土)*会期中無休
仁城義勝さん在店日/11月9日、10日、11日

<イベント>
11月10日(金)19時〜
仁城さんのお話会@小料理 石井
参加費 5500円+tax(飲み物は各自別途)
詳細はこちらのブログをご参照ください。

  • 営業日のご案内
  • copseへの行き方
  • 作家と取り扱い商品
category
archives
RSS
  • 営業日のご案内