服飾 | copse
copse good home good taste good design
  • オンラインショップ
  • facebook
  • Instagram
2020.02.25pickup

【入荷情報】tamaki niimeのショールと洋服

2月に開催したtamaki niimeから春色のショールが
追加で入荷しました。IMG_3820昨年登場したmocotton(もこっとん)は、
ウールに匹敵するあたたかさを実現するため
撚りをかけない〝無撚糸〟を使ってゆっくり織り上げた
こだわりの逸品。IMG_3237IMG_3222
二重織のため、表と裏で色や柄が異なり
さまざまな表情を楽しめるのも魅力です。
定番の薄手のコットンショールも入荷しています。IMG_3380IMG_3245こちらは春の陽射しに映える透け感のある素材が魅力。
春らしいシャーベットカラーも揃っています。
企画展でご紹介したワンピやパンツ、カットソーなどの洋服も
一部、店頭で引き続きご紹介していますので、気になってた〜という方は
ぜひチェックしてみてくださいね。IMG_3333IMG_3261
魅力的なアイテムが次々登場するtamaki niimeの服は
シックなものからカラフルなものまでカラーバリエーションも豊富。
ワードローブにプラスすれば、装いの幅が
ぐんと広がること間違いなしです!


tamaki niimeのOnline shopへ >>

2020.02.25exhibition

【3月の企画展】It’s Spring!〜nutte(服)SUI(シューズ)Glück und Gute(靴下)
<3月20日(金)〜3月28日(土)>

今年はいつもより春が駆け足でやってきそうですね。
3月の後半はお出かけしたくなる、
軽やかな洋服やシューズ、靴下のご紹介です。90341042_638311573636229_5842353685291597824_n初めてご紹介する「SUI」は、清水拓さんが
2019年1月にスタートさせたばかりのシューズブランド。suiビジュアル写真これまで手づくりの革靴工房と、量産の工場の両方で経験を積み独立。
はき着心地よく、足元が美しく見える
バレエシューズのような軽やかさを備えた靴をコンセプトに
オリジナルを手がけています。
主にヤギや羊の革を使った靴は、しなやかに足にフィットして
スキップしたくなるような軽やかさ。IMG_3060sui3カラーバリエーションも楽しく、
ぜひ一度履いていただきたいです。
「Glück und Gute(グリュックントグーテ)」は定番アイテムとして
いつも店頭でご紹介していますが、今回は春夏用の新作を中心に
たくさんご用意くださる予定。
キレイ色で足元のおしゃれを楽しんでくださいね。
いつもシンプルながら遊び心に富んだ洋服を提案してくれる
「nutte」は春のお出かけに活躍するコートやパンツを
たくさんご用意くださる予定。nutte2
会期中、SUIの清水拓さんが靴べらづくりのワークショップをしてくださいます!
靴べらを使ったほうが靴も長持ちするそう。
こちらも要チェックです!

「It’s Spring!」
3月20日(金)〜28日(土)*会期中無休
nutte(服)
SUI(シューズ)
Glück und Gute(靴下)
<在店日>「nutte」3/21 「SUI」3/20,22
<ワークショップ>
「SUIの靴べらづくり」
3月22日(日)13時〜/14時半〜/16時〜
講師:清水拓(SUI) 参加費1500円

*お申し込みはcopse店頭もしくはinfo@copse.bizまで。

2019.12.29exhibition

【2月の企画展】No Color,No Life〜tamaki niime
<2月7日(金)〜15日(土)>

春が待ち遠しい季節に、久々のtamaki niime展です。
まだまだ冷たい風に心強いあたたかなショールを始め洋服までフルラインナップ。
パンツやスカート、セーター、ワンピースなど
バリエーションはもちろん、個性豊かなデザインが魅力です。
なにより斬新かつ鮮やかな色合いはスキップしたくなる軽やかさ。tama2tama3後ろ姿すら、こんなにキュート。
洋服の前と後ろ、ショールも左右、裏表で色合いが異なるものなど、
唯一無二のものづくりを極めるtamaki niime。
展示に先立ち、今回も兵庫県西脇市にある工房に伺って来ました。IMG_2551工房というより工場のよう。ずらりと並んだ古い織機が
規則正しい音を響かせながら働いていました。
ビンテージの機械で織り上げ、手仕事と量産、アートとクラフトの両方を備えているのが魅力。
その背景には、色とりどりの糸を自在に組み合わせて、織り
縫製して、洗濯するまですべてに妥協のないものづくりがあります。IMG_2559IMG_2556IMG_2554IMG_2560膨大なアイテムが並ぶ倉庫に1日、籠らせていただき
選りすぐりをピックアップしてきました。
これまでで最大級の入荷数にして、個性的なアイテムをセレクトしましたので
なかなか見ごたえあると思います!
ぜひ楽しみにお越しください!
「No collar,No Life〜tamaki niime」
2月7日(金)〜15日(土)*会期中無休


tamaki niimeさんのOnline shopへ >>

2019.11.27exhibition

【12月の企画展】ヤンマの受注会と冬の贈りもの
<12月20日(金)〜24日(火)>

年末の恒例となりつつありますが、今年もクリスマスに
ヤンマのリネンの受注会を行います。IMG_129212月にオーダーいただき、お渡しは半年後の初夏というなんとも
季節感のないイベントではありますが、
暑い夏に思いをはせていただきながらオーダーいただけましたら幸いです。
クリスマス直前のタイミングということで
ギフトにしたいアクセサリーや小物と一緒にご紹介!
美しいガラスのアクセサリーを手がけるHARRYS。IMG_1321冬の澄んだ空気にきらめく様子は、聖夜にもぴったりです。
定番でご紹介しているANDADURAより、限定カラー(赤)の財布や
新作の財布が届きます。IMG_1274さらに今年はビニロンという新素材に挑戦。
「風を通す__」をコンセプトにいつものお財布を使い勝手良くする
カードケースやミニ財布を発表されました。IMG_1277カラーバリエーションも豊富なこちらのアイテムも届きますので
ぜひ手にとってご覧くださいね!
grueの注連縄やリースも届きますので、こちらもお楽しみに。IMG_1296さらに、地元の美味しいお店の食材やワインをご用意。
ご購入だけでなく、店内で召し上がっていただきたく
会期中は夜9時半まで営業します(LO夜9時)。
12月22日(日)の夜は、スペシャルゲスト、
ケータリングを手がける「六個の林檎」さんが料理をご用意くださいます。
知る人ぞ知る、料理上手だけに、絶品メニューが並ぶはず!
一年の締めくくりにお出かけくださいませ。

「HAPPY CHRISTMAS〜リネンの受注会と冬の贈り物」
12月20日(金)〜24日(火)*会期中は11時半〜21時半まで営業
YAMMA(リネン)
ANDADURA(小物)
HARRYS(アクセサリー)
grue(リース、注連縄)

<おいしいアイテム>
クッキングチーズ(チーズ製品)
Le Jambon(シャルキュトリー)
オハヨー堂ベーカリー(パン)
東京ワイナリー(ワイン)

2019.11.08pickup

【入荷情報】fog linen workの服

リネンの生活道具で知られるfog linen workから洋服が入荷しました。imagefogの洋服は何年ぶり?というくらい久々ですが、
ヘリンボーンの素材に惚れたのがきっかけ。
リネン100%と思えない、ふっくらとした風合いは一枚で着こなすのはもちろん、
タートルなどと重ね着したりと長い期間活躍しそう。
ワンピも風合いよく素敵です。image
頑張りすぎず、でもしっかりオシャレに着こなせるデイリーウェア。
絶妙のバランス感覚が長く愛されるブランドの秘密なのでしょう。
さりげなく女性らしさが漂うブラウスもなんだか今の気分。146668362
年中活躍のリネンの服をワードローブにプラスしてくださいね。

fog linen workのOnline shopへ >>

2019.11.08pickup

【入荷情報】ANDADURAの財布

ANDADURAから欠品していた財布が入荷しました。
ANDADURAの山本さんによると人気のアイテムは店によって異なるらしく
copseではダントツ長財布ですね!IMG_1796私の経年変化した長財布をお見せしたり、
ストレスフリーの使い心地を熱く語ってしまうせいでもありますが。ADE76583-8C48-405D-AD0B-C80EFB2F21F4実は以前から気になっているのがコンパクト財布。IMG_1800ただしカードが2枚程度しか入らないので収納量が少なすぎる〜、
と思っていましたがこれからのキャッシュレスの時代にはもしかしたら
程よいのかも?と思ったり。IMG_1802時代の変化とともに財布の役割も変わるかもしれませんね。
いずれにしても、手にしたときのフィット感や
開けたり閉めたり、出したりしまったりの機能性、
毎日ヘビーに使ってもへこたれない耐久性など、
一度使っていただけるとその素晴らしさを実感いただけるはず。
ぜひ店頭で手にとって見てくださいね。

ANDADURAのOnline shopへ >>

2019.11.07exhibition

【12月の企画展】羊をめぐる冒険〜「粗清草堂」の羊服・羊品展
<12月6日(金)〜14日(土)>

ウールフェルトの小物や洋服を手がける「粗清草堂(そせいそうどう)」のご紹介。
「粗清草堂」があるのは北海道北部、
旭川と稚内のほぼ中間に当たる美深という小さな町。
村上春樹の長編小説『羊をめぐる冒険』のモデルになったと言われている場所です。N0549N0518主宰する逸見吏佳さんは羊に魅せられ、導かれるようにして
17年前にこの小さな町に移り住みました。
そして美深の羊牧場で毎年刈り取られる羊の毛が大量に廃棄されるという現実を知り
「捨てられてしまう羊毛を生かしたい」と
かつて羊毛専門店に勤めた経験を生かしてワークショップや
ルームシューズの制作をはじめることに。N0619「せっかく作るなら個性豊かな羊の毛をそのまま
生かしたものづくりをしたい」と、フェルトにするのが特徴。工房内部N0876プロセスバッグやショールをはじめ、最近は洋服のバリエーションも増えましたが、
どれも羊毛を型紙の上に載せて、縮絨(摩擦)させるという
極めてシンプルな作り方で、縫製することなくコートまで仕上げます。
「捨てるものを生かしたいと始めたことだからできるだけゴミや無駄を出したくない。
縫製せず仕上げるのもゴミを出さないための工夫のひとつなんです」
画期的ともいえる方法でつくられる服や小物は軽くて温かく、何より個性的!
ただし、手に入る羊毛は食用のため雑種が多く毛質が安定せず
フェルト化しづらいという問題が。N0691純血種の羊毛を混ぜれば解決することがわかりましたが、そのほとんどが輸入品。
そこで2年前からフェルト化しやすいテクセル種という羊を飼いはじめ
まさに羊を育てるところから、作品に仕上げるまで関わります。N0721今回の展示では「粗清草堂」の羊服・羊品をご紹介するだけでなく
作品が生まれる美深の魅力もお伝えしたいと思い、
一年で3週間しか採取できないという白樺樹液をボトリングした「森の雫」や、
地元産の食材を生かしたヴィーガン菓子工房「一二三草堂」の焼き菓子も到着の予定。
また今年オープンしたばかりの美深白樺ブルワリーから
白樺樹液で醸造したクラフトビール 「Wild Sheep Chase(羊をめぐる冒険)」が
届くというスペシャルなおまけまでついています!N0999N044412月6日には逸見吏佳さんのお話会も予定していますので
ぜひ、楽しみにいらしてください。N0807「羊をめぐる冒険〜北海道美深「粗清草堂」の羊服・羊品」展
12月6日(金)〜14日(土)*会期中無休
逸見吏佳さん在店日:12/6、12/7
<イベント>
12月6日 18時〜 逸見吏佳さんのお話会「羊をめぐるものづくり」
参加費2000円(白樺ビールと美深の野菜を使ったフードつき)
*お申し込みはメールアドレスと携帯番号を添えてinfo@copse.bizまで、お願いします。

2019.11.01pickup

【入荷情報】樋山真弓さんの器

石川県能美市で作陶されている樋山真弓さんから、
お茶碗を中心にいくつか入荷しております。IMG_0129赤と染付でボタンを描いたお茶碗は
ご結婚のお祝いや、結婚記念にご両親にと
夫婦茶碗として贈るのも素敵。IMG_0119精緻な絵付けも樋山さんの得意技のひとつ。
びっしりと細かく描かれた絵柄に
卓越した技とセンスを垣間見ます。IMG_0127IMG_0094九谷の伝統に現代の感性で
モダンさを備えた樋山さんの器は、
シンプルな器にも馴染み華やぎを与えてくれます。
ぜひいつもの食卓にプラスしてみてくださいね。


樋山真弓さんのOnline shopへ >>

2019.11.01exhibition

【11月の企画展】FRANCESCA AMAM LABEL(服)+ RIRI TEXTILE(織)+ 77 NEEDLE WORKS(ニット帽)
<11月22日(金)〜30日(土)>

好きだった服を着てもテンション上がらなくなったり、
着こなしがしっくりこなかったり。
年齢を重ねると気持ちも身体も変化するもの。
だから今の自分にフィットする服に出会えると
新しい自分を発見したような気持ちになって嬉しくなります。
FRANCESCA AMAM LABELの服は私にとってまさにそんな存在でした。fla1シンプルでカジュアルなアイテム中心の
ワードローブに物足りなさを感じはじめたころ。
女性らしいエレガントさや、少し華やいだデザインに最初は少しためらいましたが
思い切って袖を通してみると、なんだかいい感じ!fla2ほどよく甘く、ほどよくクール。
さじ加減が絶妙で、一つプラスするだけで
装いの印象が大きく変化して久々におしゃれが楽しくなりました。
今回は自然の材料から染めて手機で織りあげる「RIRI TEXTILE」のテキスタイルとIMG_0962上質の毛糸で手編みする「77 NEEDLE WORKS」のニット帽とともにご紹介。IMG_0952お気に入りの美しいアイテムが未来の私をつくってくれる。
そんな思いを込めてタイトルを
「Pour un bel avenir (美しい未来のために)」としました。
ぜひ、新しい自分との出会いを楽しみにお越しください。
「Pour un bel avenir 」
11月22日〜30日*会期中無休
FRANCESCA AMAM LABEL(服)
RIRI TEXTILE(織)
77 NEEDLEWORKS(ニット帽)
<在店日>
FAL(米倉さん)/11月22日
RIRI(和泉さん)/11月22日、23日、30日
77 NEEDLEWORKS(池田さん)/11月23日

2019.09.09pickup

【入荷情報】SARAXJIJIの洋服

上質なデイリーウエアを提案するSARAXJIJIから
秋冬のアイテムが入荷しました。
今回楽しみにしていたのがロングコート!IMG_0588IMG_0595シンプルなシルエットが上品で、着心地も軽くて暖か。
襟元のデザインも美しく、パンツにスカートにも似合います。
そのほか、甘撚りのフレアワンピースや
ローゲージの3wayに着こなせるニットなど
デザインはもとより、どれも風合い抜群。
素材への飽くなき追求を続けるブランドらしいアイテムです。saraxjiji1IMG_0586saraxjijcatoストールカーディガン、リンクルリネンコートやスカートなど
たくさん入荷しています。
是非手にとってご覧いただきたいです。


SARAXJIJIのOnline shopへ >>

  • 営業日のご案内
  • copseへの行き方
  • 作家と取り扱い商品
category
archives
RSS
  • 営業日のご案内