copse good home good taste good design
  • オンラインショップ
  • facebook
  • Instagram

Archives

2020.09.07

野村亜矢 陶展

愛知県安城市で作陶されている野村亜矢さんの3年ぶりの個展です。
耐熱器、花器、マグやプレートなど幅広くご覧いただけます。

2020.09.07

SARAXJIJI展

肌に心地よい素材感、さりげなく美しさを引き立てるデザイン。
毎日袖を通したくなる上質な日常着を提案するSARARXJIJI。
今年も秋冬アイテムを中心に展示会をさせていただきます。今年はブランドスタートから20年の節目に当たるSARAXJIJI。
同じく10周年のアニバーサリーイヤーを迎えるcopseのために
オリジナルのワンピースをデザインくださいました!
ともに51歳を迎えた私たちが、一層元気に楽しく過ごせるための
デイリーで心地よい大人のワンピになりそうです。
そのほか、フォールドパンツやコットンのタートルセーターなど
秋冬の新作アイテムがたくさん揃う予定。
楽しみにお出かけください。P1060010-1152x1536P1070430-1152x1536P1060589-T-1152x1536P1070061-1152x1536

「Forever Always 〜SARAXJIJI」
10月9日(金)〜17日(土)*会期中無休
ザイナー野田ひろみさん在店日ーー10/9

2020.08.02

Style up the Living〜花器のある暮らし〜

4月に予定していた花器展。延期しておりましたが
ようやくの開催となります。hanaガラスや陶、木工、さらに多肉植物など9名のつくり手に
ご参加いただく豪華版。
それぞれの素晴らしい作品を作られる方ばかりですが、
今回、初めてご参加くださる陶芸家の大沢哲哉さん。oosawa陶芸家の石井啓一さんisiiガラスの西村青さんnishimuraReshiuの木工の花器、などmaki
初めてご紹介するアイテムもたくさんです!

そういえば、自粛期間中に花器を購入くださる方が
とても多かったのが印象的でした。
早速花を飾ったら気持ちが安らぎました!
住まいを飾るだけで
気持ちがリフレッシュしました〜など、感想を寄せてくれる方も多数。
花やグリーンは室内と屋外をつなげる存在。
さらに凛とした存在感を讃える花器は
暮らしの質を変え、住まいを美しく整えるアイコンとなります。
これからの生活様式に欠かせない存在かもしれない、
という意味でタイムリーな展示になりそうです。
豪華版すぎて今から開催が不安ですが、
西荻のcotitoさんの花やグリーンも届く予定。
花と器の両方を楽しみにしてください。

<花器のある暮らし〜Style up the Living>
9月18(金)〜10月3日(土)*会期中無休

ーーー参加作家(敬称略)ーーー
石井啓一、大澤哲哉、渡邊由紀(陶)
井上枝利奈、津村里佳、西村青、波多野裕子(ガラス)
Reshiu(木工) solxsol(多肉植物)

<ワークショップ>
「雨宮ゆかさんに教わる花活け講座」
9月22日(火曜・祝日) 参加費4500円+税 定員6名

草花研究家の雨宮ゆかさんに花を素敵にいける方法を教わります。
野にあるように楚々と美しく。
自然の美しさを引き出す技が満載です。

2020.06.03

【企画展】河村美琴 裂き編みバッグ展

4月と5月はコロナの影響で企画展を延期しましたが、
6月は久々に開催させていただけそうです。
6月は首を長くして楽しみにしていた河村美琴さんの裂き編みバッグ展をいたします。IMG_5937布を裂いてひと針ひと針編んでつくる裂き編み。
平面の布が立体的に交差して、ニュアンスを放ちます。
フリンジをつけた作品は最近の定番で、オシャレのアクセントにぴったり!
布素材のバッグは洋服との相性も抜群です。
今回はフライヤー用に赤のバッグを送っていただきましたが
目の覚めるような大人の赤!のこの色合いが本当に素敵。IMG_5923河村さんのバッグは洋服のアクセントにピッタリで
手にするたびにときめきます。
copseで初めての展示となる今回は
ショルダーや手提げ、ミニバッグなど
様々な種類をご用意くださっていますのでぜひお見逃しなく!IMG_5949
KAWAMURA MIKI
河村美琴 裂き編みバッグ展
6.26 (fri)- 7.4 (sat)
*河村さん在店日/6.26、27

2020.04.01

ripple洋品店の洋服展

岩野久美子さんがデザインを、
ご主人のハルさんが草木染めで仕上げる1点ものの洋服たち。
独創的なデザインと色は生きるエネルギーを与えてくれます。
今年もたくさんの素晴らしい洋服に出会えるのが楽しみです。

<森と生きる〜ripple洋品店>
7月23日(木)~27日(月)*会期中無休

2020.04.01

ワーペンウエフトin東京2020(YAMMAのお洋服展)

手仕事布を使って洋服を提案するYAMMAとcalicoが
石神井の街と一体となって夏の終わりに開催するイベント
「ワーペンウエフト」を今年も開催。
今年は状況に配慮して、洋服はそれぞれ事前予約にて
お選びいただくことになります。
それに伴い、YAMMAの会場はcopseの店舗にて対応。
はらっぱのアイテムはスノウドロップにてご紹介します。
copseを中心に大泉エリアも含めて、旅するように街を巡りながら
楽しんでいただけましたら幸いです。

*YAMMA の洋服の受注と即売はcopseにて行います。
*事前予約制(11時〜18時まで30分ごと2組まで)とさせていただきます。

ワーペンウエフト2020 in東京
8月20日(木)〜30日(日)

2020.02.06

「It’s Spring!」nutte(服)SUI(シューズ)Glück und Gute(靴下)

今年はいつもより春が駆け足でやってきそうですね。
3月の後半はお出かけしたくなる、
軽やかな洋服やシューズ、靴下のご紹介です。nutte2初めてご紹介する「SUI」は、清水拓さんが
2019年1月にスタートさせたばかりのシューズブランド。suiビジュアル写真これまで手づくりの革靴工房と、量産の工場の両方で経験を積み独立。
はき着心地よく、足元が美しく見える
バレエシューズのような軽やかさを備えた靴をコンセプトに
オリジナルを手がけています。
主にヤギや羊の革を使った靴は、しなやかに足にフィットして
スキップしたくなるような軽やかさ。IMG_3060sui3カラーバリエーションも楽しく、
ぜひ一度履いていただきたいです。
「Glück und Gute(グリュックントグーテ)」は定番アイテムとして
いつも店頭でご紹介していますが、今回は春夏用の新作を中心に
たくさんご用意くださる予定。
キレイ色で足元のおしゃれを楽しんでくださいね。
いつもシンプルながら遊び心に富んだ洋服を提案してくれる
「nutte」は春のお出かけに活躍するコートやパンツを
たくさんご用意くださる予定。nutte2
会期中、SUIの清水拓さんが靴べらづくりのワークショップをしてくださいます!
靴べらを使ったほうが靴も長持ちするそう。
こちらも要チェックです!

「It’s Spring!」
<3月6日(金)〜3月14日(土)>3月20日(金)〜28日(土)*会期中無休
nutte(服)
SUI(シューズ)
Glück und Gute(靴下)
<在店日>「nutte」3/21 「SUI」3/20,22
<ワークショップ>
「SUIの靴べらづくり」講師:清水拓 参加費1500円

*お申し込みはcopse店頭もしくはinfo@copse.bizまで。

2020.02.06

かご展〜おじろ角物店(竹) 竹内啓子(あけび) 筒井幸彦(ヤマブドウ) ardem su o(紅籐)

伝統の技を引き継ぎながら、今の暮らしに合うかごを手がける
4名の作り手による展示です。
あけびの竹内啓子さんが暮らすのは青森県弘前市。IMG_2846弘前は昔から弘前はかご細工が盛んに行われてきた土地で
女性ならではの視点で、持ちやすく、使い勝手良く
お洒落に映えるよう日々試行錯誤されています。takeuchi大分で最後の角物師と呼ばれる寒竹唯善さんから
技を引き継ぐ「おじろ角物店」takeヤマブドウの蔓を採るところから手がける筒井幸彦さん、IMG_3392紅籐と帆布やレザーの組み合わせにセンスが光る「ardem su o(アーデムスオー)」IMG_3397エコバッグに保存容器、収納にと日々愛用したい
4名のつくり手の作品をご紹介します。
3月6日(金)〜14日(土)*会期中無休
おじろ角物店(竹)
竹内啓子(あけび)
筒井幸彦(ヤマブドウ)
ardem su o(紅籐)

2019.12.28

tamaki niime「No Collar,No Life」

春が待ち遠しい季節に、久々のtamaki niime展です。
まだまだ冷たい風に心強いあたたかなショールを始め洋服までフルラインナップ。
パンツやスカート、セーター、ワンピースなど
バリエーションはもちろん、個性豊かなデザインが魅力です。
なにより斬新かつ鮮やかな色合いはスキップしたくなる軽やかさ。tama2写真は、DM用の撮影を行った時のもの。近所の石神井公園で行いました。
三人三様のtamaki niimeスタイルもさることながら、
色鮮やかな洋服は眺めているだけで楽しい気持ちに。
後ろ姿も可愛くて、思わずパシャリ。tama3紅葉の残る朝の光のなか、とても楽しいお散歩でした。
心が弾むtamaki niimeの服をぜひ、楽しみにお越しください。IMG_2290
「No collar,No Life〜tamaki niime」
2月6日(金)〜15日(土)*会期中無休

2019.12.28

10周年記念「10」展

2020年はコプスがオープンして10周年を迎える記念の年。
節目の年を、10年にちなんで、これまでご紹介してきた
10名のつくり手の方にご参加していただく壮大な展示から始めます!
その名も「10」展。copse1陶を中心に、ガラスや木工といった器の作家さんに
「ベスト10アイテムを作ってください!」とお願いしました。
作家さんによっては1点ものだけ10点のみ!という方もいますが、
10種類、いろいろご用意くださる方もたくさん。
小さなコプスがどんなことになるのか嬉しいような恐ろししい予感。
それぞれどんな10アイテムをご用意くださるか、とても楽しみです!
10年を振り返りながら、お声がけさせていただきましたが、
ご無沙汰してしまった作家さん、ご出産でしばらくおやすみされていた方など
お久しぶりの方も。
特に初期の頃は、慣れないことも多く、たくさんご迷惑をおかけしたなあと
甘酸っぱい気持ちになりますが
こうして懲りずにお付き合いくださることに感謝です。
そうそうたるベスト10作品が届くので、
いつもより会期を長くしてご紹介させていただきます。
1月10日、11日は和菓子の販売、18日はcimaiのベスト10パン!の販売も
予定しておりますので、ぜひ楽しみにお越しください。IMG_2408「10」展
2020年1月10日(金)〜25日(土)*会期中無休
<参加作家>
秋谷茂郎(陶) 
阿部慎太朗(陶) 
小川麻美(陶) 
長田佳子(陶) 
すはらゆう子(うるし)
星耕硝子/伊藤嘉輝(ガラス)
中坊優香(陶) 
野村亜矢(陶) 
樋山真弓(陶) 
八木橋昇(陶) 
<イベント>
1月10日〜11日 〝新春祝〟和菓子販売
1月18日 cimaiのベスト10パン販売

  • 営業日のご案内
  • copseへの行き方
  • 作家と取り扱い商品
category
archives
RSS
  • 営業日のご案内