copse good home good taste good design
  • オンラインショップ
  • facebook
  • Instagram
2020.04.02そのほか

【入荷情報】角田清兵衞商店の弁当箱

和歌山の角田清兵衛商店から
紀州ヒノキのくりぬき弁当箱が入荷しました。
江戸末期、1830年に紀州漆器の専門店として創業した老舗。
7代目を引き継ぐ店主が現代の暮らしにあった
木工品をと開発したのがこの弁当箱です。
地元産のヒノキをくりぬいて、サンドペーパーで磨いて仕上げる弁当箱は
頑張っても一日10個程度しかつくれないそう。
くりぬいているので側面と底に継ぎ目がなく、
汚れがたまったり、カビができたりする心配もありません。134365728_o2ウレタン塗装にナノコート仕上げを施しているので、
木の風合いを生かしながら食洗機も使えるというスグレモノ。
ころんとしたフォルムと上下が合口になった丸型と134365566_o1合口が被せタイプの角型があります。134365728_o3色はナチュラルとダークブラウン、角型のみ漆仕上げもあります。134366215丸太をくりぬいて作っていますが、驚くほど軽く
バッグの中に収まりやすいフォルムも魅力です。
春からお弁当生活が始まる方に、ぜひ!134365566_o5


角田清兵衛商店のOnline shopへ >>

2020.04.01pickup

【入荷情報】大隈美佳さんの器

大隈美佳さんから動物シリーズの器が届きました。
いつも店頭を楽しく彩ってくれるコプスの定番アイテム。
今回も伸びやかな動物がたくさんやってきましたよ。
とり分け皿や煮物、カレーと万能な、とり皿が充実。IMG_4009マグやお茶碗も揃っています。IMG_4010好きなキャラクターを決めて少しずつ集めてくださる方も。
どの動物も、ちょっとのんびり間が抜けた表情に
クスッと思わず笑みがこぼれること請け合い。
子どもと囲む食卓が一層楽しくなりますよ。


大隈美佳さんのOnline shopへ >>

2020.04.01pickup

【お知らせ】copseの営業について

緊急事態宣言が解除となりましたが、
しばらくは金曜のみ週1日営業とさせていただきます。
金曜以外でご来店ご希望のお客さまはアポイント制のご対応とさせていただきます。
copseのとっておきのアイテムはこちらのwebshopでもご覧いただけます→
ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

2020.04.01pickup

【入荷情報】ANDADURAの財布とケース

新学期、新年度、、、新しいことが始まる春ですが

今年ばかりは不穏なスタートとなりそうですね。

始まりの季節にぴったりの

ANDADURAの作品が入荷しています。

ワタクシごとですが昨年末の展示でご紹介させていただいた

ビニロンの拡張ケースと新作のシンプル長財布を今年から使い始めました。IMG_4266「財布に風を通す」というコンセプトで作られたこのケース。

金型から作ったオリジナルのPVC(ポリ塩化ビニル)と

ビニロン素材のカバーがついて、

カードフォルダーに8枚、本体にカードや名刺が7枚程度入ります。image最初は財布とカードケース2つ持つのは手間だと思いましたが

カードケースが思いのほか活躍。

銀行のキャッシュカードからポイントカードまで入れていますが

これまでよりも探すストレスが半減。

レジの時もスムーズです。

キャッシュレスが進んだので、財布を出さず、

カードフォルダーのカードだけでお会計が済むことも多くなりました。

そんなこんなで数ヶ月の実験を経て、太鼓判を押すべく

カードフォルダーをぜひ使って欲しくて3色ご用意いたしました。imageそのほか、新作の「シンプル長財布」や、image「赤のファスナー長財布」も入荷。imageシンプルを極めた「ファスナーミニ財布」もキャッシュレスの時代に活躍のアイテム。imageオリジナルのボックス入りで贈り物にもオススメです。image


ANDADURAのOnline shopへ >>

2020.03.25pickup

【マンスリー講座】白いたねづくり←延期になりました。

*こちらのWSは非常事態宣言のため延期になりました。

むくむくと地中から生き物が動き出し
万物が萌え出づる春がきました。
そんな春にぴったりの
たねをモチーフにしたオブジェを作る講座です。IMG_4230シルバー系のドライリーフを重ね合わせて作る
シャビーな色合いが素敵です。IMG_4229後ろ側にフックを付け
壁面に飾って楽しんでいただけます。

<マンスリー講座>
「白いたねづくり」(25×15㎝)
4月24日(金)10時〜 参加費4500円
講師:内藤千鶴(grue)

お申し込みはinfo@copse.biz もしくは店頭まで。

2020.03.21pickup

【webshop】かご展の作品アップしました。

コロナウィルスが心配だから、電車やバスに乗りたくない!
コプスに行けない!というご要望をいただき
3月上旬の「かご展」でご紹介のかごたちを
webshopにアップしました。
実際に手で持って見ていただくのが一番ですが
難しい方にも魅力を感じていただけましたら幸いです。
おじろ角物店の蓋つきの角物やトレイかご149237048_o6149237080_thIMG_3865
弘前の竹内啓子さんの新作、
牛革の取っ手と布付きのおしゃれなかごimageアーティスティックな乱れ編み。149429842
筒井幸彦さんのヤマブドウかごはショルダーも充実。imageimage
詳細は、下記のwebshopにアクセスいただけましたら幸いです。


おじろ角物店のOnline shopへ >>


竹内啓子さんのOnline shopへ >>


筒井幸彦さんのOnline shopへ >>

2020.03.20pickup

【入荷情報】樋山真弓さんの器

いつになく春が駆け足でやってきました。
九谷焼の伝統を引き継ぐ、樋山真弓さんから器が届きました。hiyama九谷五彩と呼ばれる鮮やかな色彩を
現代の暮らしに調和するようモダンに仕上げる樋山さん。
南天と小花を散らしたお茶碗やimage黄色と赤の花を描いた茶碗、image古典的な染付けなどお茶碗充実。imageエキゾチックなブルーが美しい木瓜皿も入荷しています。image春の食卓にぴったりの華やかな器たち。
ご結婚やお引越し祝いにも選んでくださる方の多い器です。
伝統とモダンが程よく調和した樋山さんの器をぜひお楽しみください。


樋山真弓さんのOnline shopへ >>

2020.03.04exhibition

【4月の企画展←9月に延期】Style up the Living〜花器のある暮らし

*こちらの企画展はコロナによる外出自粛を受け9月に延期となりました。

暖冬のまま春がやってきましたが、どうも穏やかではないですね。
こんな時はマスクやトイレットペーパーよりも
一輪の花を買ってみてはいかがでしょうか?main2春の花やグリーンは生命力に溢れ、色合いも鮮やか。
部屋に飾るだけで気持ちもぱっと明るくなります。
今回の展示のタイトルにした「Style up the Living」は
Style up = 〝整える〟という意もあるそう。
見慣れた部屋にひとつ、お気に入りの花器を加えるだけで
住まいの雰囲気が一変して、部屋を整えたくなるものです。
今回初めてご紹介する陶芸家の大澤哲哉さんは
プレートなど器も人気の作家さんですが、アーティスティックな花器が得意。IMG_3615フォルム感と素材感が抜群で、どんな花器をご用意くださるか
楽しみでワクワクしております。
ガラスの西村青さんの、アンティークのような質感にひかれ
今回ご参加をお願いしました。nishimura岡山を拠点に制作されている「Reshiu」は
木の素材に合わせて一点ものの花器を提案。
ドライの植物とセットでご提案されています。makiさらに、彗星菓子手製所さんの茶菓席や、
雨宮ゆかさんの花活け講座、solxsolの多肉植物のアレンジまで
イベントもりもりです。
どうか4月はコロナさんが収束してくれることを祈りつつ
素晴らしいつくり手の方がたくさんご参加くださるので
会期を長くして皆様のお越しをお待ちしています!

<延期後の日程>
Style up the Living 〜花器と暮らす〜
9月18日(金)〜10月3日(土)*会期中無休
<参加作家>
石井啓一、大澤哲哉、渡邉由紀(陶)
井上枝利奈、津村里佳、西村青、波多野裕子(ガラス)
Reshiu (木工) solxsol(多肉植物)

2020.03.03pickup

【入荷情報】北山栄太さんの木の器

宮城県で木工を手がけている北山栄太さんの作品を
お取り扱いさせていただくことになりました。
昨年、兵庫県から宮城県に移転。
元ガレージをみずから改装して新たな工房を設け、
新天地で素材にも恵まれ、ますます意欲的に製作されています。IMG_2884IMG_2880IMG_2874IMG_2875これは木?鉄?陶器?IMG_3652はじめて北山さんの作品を見たときの感想。
グレイッシュな色合い、シャープなシルエット。
これまで出会ったことのない木の質感に目が釘付けになりました。
よく見ると木目や虫喰いの跡が残っていたり。IMG_3664一見無機質なようでいて、自然の風合いがさりげなく浮かび上がる絶妙のバランス。
鉄工所を営むご実家で育ち、服飾や建築に関わってこられた経験が
独自の感性を育み、表現としてかたち造られるようになったのでしょう。
洋服を植物染めするときに、定着液として使う鉄媒染を
使ってみたらどうなるだろう?という発想も、そんな経験から。
鉄媒染をきっかけに、植物染めにも挑戦。
「たとえば椿の花だけだとピンク色になりますが、
そこに鉄媒染を加えるとグレーになるんです」。
祖父の庭の椿に始まり、思いつく限りの植物を次々に染めてみたのだそう。
そうして出会ったのが、ヤマモモやザクロをベースに染めたグレイッシュな色。IMG_3723ただし、植物染目は落ちやすいため、ガラスコーティングを加えることで
ゆっくり変化を楽しんでもらえるように仕上げています。
ひとつひとつ異なる木の個性を生かしながら
かたちをつくり、自然の色に染めていく。
節や割れのある材料は機械の刃が立たないこともしばしばで
加工するのも命がけなのだそう。IMG_3704IMG_3696自然の力に導かれるようにしてつくりあげる作品は
ゆっくり育てるように変化を楽しむ器。
植物染めは色落ちしやすいため今回入荷の品は
ガラスコーティングを施していますが、
それでも少しずつ色落ちや変化をします。
「落ちていくさまも美しい。その変化を含めて楽しんでほしい」。
北山さんの陰影に富んだ美しい木の器をぜひ、
手に取っていただけましたら幸いです。


北山栄太さんのOnline shopへ >>

2020.03.03pickup

【3月のバール】「6個の林檎」ご馳走バール
<3月21日(土)18時〜>

今月も「6個の林檎」さんの出張バール予定通り開催します。
毎度、いろんな方にいらしていただき、美味しい料理を囲みながら
私も一緒に楽しませていただいています。
2月はミートボールやタコライス、昆布締めのニシンが人気でした〜。
旬のお魚料理がいつも楽しみ。IMG_3434IMG_3458IMG_34626人の娘さんを育てながら、お客さまの多い家庭で
訪れる人の舌を唸らせ続けた、家庭料理を超えた手料理を
極められている6個の林檎こと、田原栄美子さん。
今月、お誕生日を迎えられてますます美しく輝いていらっしゃいます🌟IMG_3442IMG_3448お料理はもちろん、素敵な栄美子さんに会いにきてくださいませ〜!

「6個の林檎」ご馳走バール
3月21日(土)18時〜

2020.02.25pickup

【入荷情報】tamaki niimeのショールと洋服

2月に開催したtamaki niimeから春色のショールが
追加で入荷しました。IMG_3820昨年登場したmocotton(もこっとん)は、
ウールに匹敵するあたたかさを実現するため
撚りをかけない〝無撚糸〟を使ってゆっくり織り上げた
こだわりの逸品。IMG_3237IMG_3222
二重織のため、表と裏で色や柄が異なり
さまざまな表情を楽しめるのも魅力です。
定番の薄手のコットンショールも入荷しています。IMG_3380IMG_3245こちらは春の陽射しに映える透け感のある素材が魅力。
春らしいシャーベットカラーも揃っています。
企画展でご紹介したワンピやパンツ、カットソーなどの洋服も
一部、店頭で引き続きご紹介していますので、気になってた〜という方は
ぜひチェックしてみてくださいね。IMG_3333IMG_3261
魅力的なアイテムが次々登場するtamaki niimeの服は
シックなものからカラフルなものまでカラーバリエーションも豊富。
ワードローブにプラスすれば、装いの幅が
ぐんと広がること間違いなしです!


tamaki niimeのOnline shopへ >>

2020.02.25exhibition

【3月の企画展】It’s Spring!〜nutte(服)SUI(シューズ)Glück und Gute(靴下)
<3月20日(金)〜3月28日(土)>

今年はいつもより春が駆け足でやってきそうですね。
3月の後半はお出かけしたくなる、
軽やかな洋服やシューズ、靴下のご紹介です。90341042_638311573636229_5842353685291597824_n初めてご紹介する「SUI」は、清水拓さんが
2019年1月にスタートさせたばかりのシューズブランド。suiビジュアル写真これまで手づくりの革靴工房と、量産の工場の両方で経験を積み独立。
はき着心地よく、足元が美しく見える
バレエシューズのような軽やかさを備えた靴をコンセプトに
オリジナルを手がけています。
主にヤギや羊の革を使った靴は、しなやかに足にフィットして
スキップしたくなるような軽やかさ。IMG_3060sui3カラーバリエーションも楽しく、
ぜひ一度履いていただきたいです。
「Glück und Gute(グリュックントグーテ)」は定番アイテムとして
いつも店頭でご紹介していますが、今回は春夏用の新作を中心に
たくさんご用意くださる予定。
キレイ色で足元のおしゃれを楽しんでくださいね。
いつもシンプルながら遊び心に富んだ洋服を提案してくれる
「nutte」は春のお出かけに活躍するコートやパンツを
たくさんご用意くださる予定。nutte2
会期中、SUIの清水拓さんが靴べらづくりのワークショップをしてくださいます!
靴べらを使ったほうが靴も長持ちするそう。
こちらも要チェックです!

「It’s Spring!」
3月20日(金)〜28日(土)*会期中無休
nutte(服)
SUI(シューズ)
Glück und Gute(靴下)
<在店日>「nutte」3/21 「SUI」3/20,22
<ワークショップ>
「SUIの靴べらづくり」
3月22日(日)13時〜/14時半〜/16時〜
講師:清水拓(SUI) 参加費1500円

*お申し込みはcopse店頭もしくはinfo@copse.bizまで。

2020.02.06exhibition

【3月の企画展】かご展
<3月6日(金)〜3月14日(土)>

なぜだか、かごにひかれます。
自然の素材をそのまま生かした素材感、凹凸のある編みの表情、
ころんとしたフォルムの可愛らしさ。
どこまでも素朴ながら美しい、
昔から生活の中でつくられ、使われてきた
暮らしの道具としての魅力がそこにはあります。
こちらの写真は先日伺った
青森県弘前市の竹内啓子さんのお宅に伺う道すがら。IMG_2846今年は暖冬で雪が少ないようですが、
どんどん山に近づくにつれ雪が深くなってきました。
弘前は昔から弘前はかご細工が盛んに行われてきた土地。IMG_2856雪に閉ざされる冬、農閑期の手仕事として栄えてきました。
今も男性の編み手が多いようですが、
竹内さんは伝統の技を学びながら、女性ならではの視点で、
持ちやすく、使い勝手良くお洒落に映えるよう
試行錯誤されてオリジナルの形を追求されています。
バッグの中身が見えないよう、美しく収納できるようにと
内布をつけているのも特徴。バッグのアクセントにもなるよう
インドで手紡ぎ手織り布を手がけるmaki textileの布をセレクトしています。takeuchi最近は手にしっくりなじむレザーを持ち手に使ったアイテムも手がけています。
今回の展示では、他に大分で最後の角物師と呼ばれる寒竹唯善さんから
技を引き継ぐ「おじろ角物店」takeヤマブドウの蔓を採るところから手がける筒井幸彦さん、IMG_3392紅籐と帆布やレザーの組み合わせにセンスが光る「ardem su o(アーデムスオー)」IMG_3397伝統の手技を生かしながら今の暮らしに合うかごを手がける
4名のつくり手の作品をご紹介します。
エコバッグ代わりに、保存容器、収納ケースにもぜひ、今こそ、かごを!

3月6日(金)〜14日(土)*会期中無休
おじろ角物店(竹)
竹内啓子(あけび)
筒井幸彦(ヤマブドウ)
ardem su o(紅籐)

2020.01.31pickup

【入荷情報】星耕硝子のグラスと花器

秋田県大仙市で吹きガラスを手がけている
星耕硝子の伊藤嘉輝さんから欠品していたアイテムがたくさん入荷しました!IMG_2758コプスオリジナルで制作くださっている角型の花器は
枝ものや花が活けやすいと評判!107303013久々にいただいたデザートカップも
素敵に進化されてとってもキュートです!IMG_3073民藝の流れをくむ伊藤さんのガラスは
あたたかみを備え、冬にも手に優しく馴染み、
光を集めて輝く様子も美しく、おすすめです。
丈夫で使い勝手にも優れたガラスをぜひご愛用くださいね。


星耕硝子のOnline shopへ >>

2020.01.31pickup

【2月のバール】「6個の林檎」ご馳走バール
<2月15日(土)18時〜>

好評をいただいています「6個の林檎」さんの出張バール。
2月もご馳走をたっぷりご用意してきてくださいますよ!IMG_27136個の林檎さんこと、田原栄美子さんは魚介好きで
懇意にしているお魚屋さんからいつも、とっておきの食材を仕入れて
ご準備してくださいます。
冬は野菜も魚も美味しい季節。ますます楽しみが募ります!IMG_2701お腹と相談しながら好きな逸品を少しずつご注文いただく気軽なスタイル。IMG_2675お料理と合わせてワインやビール、ソフトドリンクもご用意していますので
ぜひ、ゆっくりまったりいらしてください。
いつもと違う、夜のコプスもなかなかおすすめ。
おひとりさまのご参加も大歓迎です。
できましたらご予約いただけましたら幸いです。
皆さまのお越しをお待ちしています!IMG_2678
「6個の林檎」ご馳走バール
2月15日(土)18時〜

2020.01.27pickup

【マンスリー講座】ミモザのフライングリースづくり
<2月28日(金)10時〜>

ミモザはいち早く春を告げる存在。
今回はミモザに、黄色の花やグリーンを組み合わせた
フライングリースをつくります。IMG_2835リースと同じ要領ですが、より立体的にアレンジするのがポイント。
いつもは壁に飾るリースを、水平にして吊るすだけで
新鮮な存在感が生まれて、インテリアの主役になります!
目線の高さにグリーンを眺められ、
眺める場所によって異なる表情が楽しめます。
皆様のご参加をお待ちしています。IMG_2836

<ミモザのフライングリースづくり>
2月28日(金)10時〜 定員6名
5400円(直径 約30センチ)
講師/gure(内藤千鶴)

2019.12.31exhibition

【イベント】〝新春祝〟和菓子販売
<1月10日(金)、11日(土)>

1月10日から始まる「10」展に合わせて
10日と11日に店頭で和菓子販売を行います。
つくり手は新潟県越後湯沢在住の和菓子職人、馬場英豪(ひでたけ)さん。
18歳の時から京都の老舗和菓子店に勤め、
約十年の修行の後、東京・中目黒の和菓子店「HIGASHIYA」の工場長や、
同系列店の割烹店「八雲茶寮」でも季節の上菓子を手がけられてきた
華々しい経歴の持ち主です。
今回コプスのためにご用意くださるのは、子年にちなんだ可愛い薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)、IMG_2418餡とクリームチーズを中心にした蒸し菓子「浮島」IMG_2411さらに10周年にちなんで10種の穀物をまあるく仕上げた「おこし」。IMG_2420その他、練りきりもご用意くださる予定!
新春らしい目にも美しい和菓子をぜひ楽しみにいらしてください!
「10」展〝新春祝〟和菓子販売
1月10日(金)、11日(土)

2019.12.30pickup

【月イチバール】「6個の林檎」ご馳走バール
<1月18日(土)18時〜/20時〜>

12月にバールをしていただきました「6個の林檎」さんに
今年から毎月、定例で出張いただくことになりました!
「6個の林檎」は6人のお嬢さんを育てられたことからネーミング。
大家族の食卓を支えてこられただけでなく、
ご主人のお客さまも多いという、想像しただけでも大変ですが
そんな日々に培われた技と持ち前のセンスで
いつも伺うと、あっという間にご馳走がテーブルに。IMG_2375 3魔法使いじゃないかと思うほどの神業です。
魚屋さんになりたかったというくらい魚介が好きで
魚をさばくのも得意中の得意。パイ包みやキッシュなど
ちょっと躊躇してしまうようなご馳走メニューもお得意。0FE467B7-6267-4F45-A907-0C90F88D8FD9食材を吟味して、手間暇を惜しまない
家庭料理の域を超えた素晴らしい料理には
「美味しいものを食べて欲しい」「食卓を囲むみんなを笑顔にしたい」という
思いが込められて、だからいただくたび、幸せな気持ちになるのでしょう。
IMG_2397「月に一度、その季節の味わいを私も一緒に楽しみたいと思います」と栄美子さん。
信頼の置ける魚屋さんから仕入れる旬の食材も楽しみ。
料理に合うワインやビールもご用意しますので
季節の料理を楽しみながら、ゆっくり過ごしていただきたいと思います。
月替わりのご馳走を、楽しみにいらしてください。
「6個の林檎ご馳走バール」
1月18日(土)18時〜/20時〜(できればご予約願います)

2019.12.30pickup

【ワークショップ】はるさんの味噌づくり講座
<2月3日(月)11時〜/13時〜>

一年で最も冷え込む季節。味噌講座の季節がやってきました!
石神井町でマクロビの料理教室をされているはるさんに教わるのは、
麦麹を使った味噌づくり。IMG_6966大豆や麹、塩など、選りすぐりの素材で仕込む味噌。
しかも麦麹で仕込むので米麹より発酵がゆっくり。
1年ほど寝かせて体にじんわりやさしく、甘みのある味わいに仕上げます。IMG_6964一年で一番冷え込む季節に仕込み、じわじわと暖かかくなるにつれゆっくり発酵が始まり、
夏を経て、再び寒い季節を迎え発酵が落ち着くまで、一年を通すことで味わいも凝縮。
そんな自然の摂理に合わせた寒仕込みの味噌をぜひ楽しんでくださいね。

「はるさんの味噌づくり講座」
2月3日(月)11時〜/13時〜 各6名
参加費 3000円+tax(味噌2kg分)
持ち物/エプロン、三角巾、手拭き、2kg分の味噌を仕込む保存容器
*お申し込みはinfo@copse.bizもしくは店頭にお申し込みください。
**前日以降のキャンセルは受け付けておりません。止むを得ずキャンセルされる場合は
後日、仕込んだ味噌2kg分と参加費をお引き換えくださいませ。

2019.12.29exhibition

【2月の企画展】No Color,No Life〜tamaki niime
<2月7日(金)〜15日(土)>

春が待ち遠しい季節に、久々のtamaki niime展です。
まだまだ冷たい風に心強いあたたかなショールを始め洋服までフルラインナップ。
パンツやスカート、セーター、ワンピースなど
バリエーションはもちろん、個性豊かなデザインが魅力です。
なにより斬新かつ鮮やかな色合いはスキップしたくなる軽やかさ。tama2tama3後ろ姿すら、こんなにキュート。
洋服の前と後ろ、ショールも左右、裏表で色合いが異なるものなど、
唯一無二のものづくりを極めるtamaki niime。
展示に先立ち、今回も兵庫県西脇市にある工房に伺って来ました。IMG_2551工房というより工場のよう。ずらりと並んだ古い織機が
規則正しい音を響かせながら働いていました。
ビンテージの機械で織り上げ、手仕事と量産、アートとクラフトの両方を備えているのが魅力。
その背景には、色とりどりの糸を自在に組み合わせて、織り
縫製して、洗濯するまですべてに妥協のないものづくりがあります。IMG_2559IMG_2556IMG_2554IMG_2560膨大なアイテムが並ぶ倉庫に1日、籠らせていただき
選りすぐりをピックアップしてきました。
これまでで最大級の入荷数にして、個性的なアイテムをセレクトしましたので
なかなか見ごたえあると思います!
ぜひ楽しみにお越しください!
「No collar,No Life〜tamaki niime」
2月7日(金)〜15日(土)*会期中無休


tamaki niimeさんのOnline shopへ >>

  • 営業日のご案内
  • copseへの行き方
  • 作家と取り扱い商品
category
archives
RSS
  • 営業日のご案内